人気ブログランキング |
ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 ワンダー Wonder 」

d0098286_7532565.jpg
R.J.パラシオ∥作
中井 はるの∥訳
ほるぷ出版 2015.7

生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳で学校に通うことになったが、生徒たちは彼の顔を見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて避けるようになる。一方で、オーガストの話を面白がる同級生は少しずつ増えていき…


今年の初めに読もうと思いつつぐずぐずしていて、
ようやく夏前に地元図書館で検索をかけたら引っかからず、
あれ?前は確かにあったはず...と不思議に思っていたら
今年の小学校高学年用課題図書だった為、
夏場の3ヶ月間は利用制限がかかっていた模様。
てことで秋になるのを待って借りてきた。

"泣ける感動もの"と聞くとついつい敬遠してしまう私だけれど、
『遠い空の向こうに』同様、そんな天邪鬼な自分を反省させられる、心洗われる作品だった。
すでに映画化が決定していて、オーガスト役は
『ルーム ROOM』で観客の涙を搾り取ったジェイコブ・トレンブレイくん。
(大泣きしそうで怖いけど、観たい!)
それに本国ではスピンオフ作品も出ているようで、そちらの邦訳も待ち遠しい。
by hasikkoami | 2016-11-14 08:01 | 図書館