人気ブログランキング |
ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 キャロル 』

d0098286_21445616.jpg
公式サイト
2015年 イギリス/アメリカ/フランス
上映時間 118分
監督 トッド・ヘインズ

このうえもなく美しく、

このうえもなく不幸なひと、キャロル。

あなたが私を変えた。




常々「ラブストーリーは苦手」と公言している私ですが
時にはツボにはまることもあるのです。

d0098286_2234732.jpg

1950年代、黄金期アメリカの文化とファッション
そしてその華やかさとは対照的に
密やかなキャロルとテレーズの恋

夫やアビーとの関係性や当時の女性の社会的立場
同性愛のとらえられ方などについても
むしろ説明不足と思えるほどあっさりと描かれる。

そして寡黙であるが故に、浮かび上がる2人の想い

d0098286_2149242.jpg

交わす視線や表情、仕草から立ち昇る濃密な空気に
柄にもなくドキドキしてしまった。

d0098286_223891.jpg

女性同士と言うことを除けば、いたって王道のラブストーリー。

しかし決して単なる恋愛至上主義ではなく
女性の本当の意味での自立と、そこから始まるものを感じさせ
極上の余韻に包まれるラストに、ただただ溜息が零れた。

★★★★☆

by hasikkoami | 2016-04-17 22:31 | 映画館