人気ブログランキング |
ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 フューリー 』

d0098286_15552328.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 135分
監督 デヴィッド・エアー

1945年4月――

たった5人で、300人の

ドイツ軍に挑んだ男たち。




予告は何となく感動ものっぽい感じだし
コピーからは彼らを英雄視しているような雰囲気もあって
デヴィッド・エアー監督がそんなお決まりの戦争映画は撮らないだろう
とは思いつつ
もしそんな(戦争を美化したような)作品だったらイヤだなぁ...と
若干の不安を抱えての鑑賞

しかしそんな気持ちは冒頭からの
“良心なんてクソ食らえ!”的シーンの連続で
あっと言う間に吹き飛んだ

「間違っていたって、これが任務だ」

「理想は平和だが、現実は残酷だ」

「よく見ろ!これが戦争だ」

容赦ない映像と台詞が延々と続く


「お前は英雄だぞ」

ラストの台詞が全く別の意味を持って胸に突き刺さる

エンドロールの赤いフィルムはまさに

「 Fury (怒り)」 そのものだった

d0098286_15555448.jpg
初めてシャイア・ラブーフを上手いと思いました(ある意味失礼)

★★★★

by hasikkoami | 2014-11-30 15:59 | 映画館