ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

d0098286_02348.jpgジョー・R・ランズデール/著
大槻寿美枝/訳   
早川書房

1930年代初頭、テキサス東部のザビーン川沿いの低湿地
”ボトムズ”に広がる森林地帯で起きる連続殺人事件を背景に、
治安官の父を持つ11歳の少年ハリーの成長と家族の絆を描く
2001年度アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。



ミステリの謎解きとしては早い段階で犯人が推測出来てしまうのが残念と言えば言えるが、
少年の成長と家族の再生物語を描く上での背景と考えれば大変面白い。
想像を絶する人種差別の中で行われる捜査もスリリングで引き込まれ一気読み。
[PR]
# by hasikkoami | 2007-01-03 23:12 | 図書館 | Comments(0)

「月に一度は映画館」

独身の頃なら鼻で笑うような、こんなささやかな願いですら叶わなくなって10年。
ようやく少しずつだけど自分だけの時間が持てるようになった。
昨年、劇場鑑賞作品数23本は結婚以来最高記録!
だから今年はもう少し欲張って「目標30本!」


2006年劇場鑑賞映画

『有頂天ホテル』(日本)
『歓びを歌にのせて』(スウェーデン)
『単騎、千里を走る。』(中国)
『力道山』(韓国)
『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』(イギリス)
『プロデューサーズ』(アメリカ)
『タイフーン』(韓国)
『うつせみ』(韓国)
『V フォー・ヴェンデッタ 』(アメリカ)
『ダ・ヴィンチ・コード』(アメリカ)
『ココシリ』(中国)
『拍手する時に去れ』(韓国)
『もし、あなたなら2 五つの視線』(韓国)
『美しい人』(アメリカ)
『スーパーマンリターンズ』(アメリカ)
『グエムル』(韓国)
『フラガール』(日本)
『DOGORA』(フランス)
『玲玲の電影日記』(中国)
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』(ドイツ)
『かかしの旅』(日本)
『007カジノロワイヤル』(イギリス)
『マーダーボール』(アメリカ)
[PR]
# by hasikkoami | 2007-01-03 22:41 | お茶の間鑑賞 | Comments(10)