ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0098286_1414352.jpg
2015年 スウェーデン/ドイツ
上映時間 95分
監督 サンナ・レンケン



東海地方のコロナシネマワールド7館で
日本未公開の外国映画を月替わりで上映する
東海地方限定企画"メ〜シネマ"第5弾





美人でフィギュアスケートが上手な高校生の姉と
ちょっぴり太めの妹。

d0098286_14161629.jpg

思春期の階段を上り始めたばかりの妹の目を通して描かれる、
家族の葛藤と絆の物語。

そして同時に

美しい姉に対する憧れと嫉妬、
姉妹としての愛情の間で揺れる、
繊細で瑞々しい少女の成長物語でもある。

d0098286_1418212.jpg

背伸びする必要なんかないんだ、と気付くことが
本当の意味で"大人になる"ってことかもしれないなぁ
と思えるラストが素敵。


前回の
『COME AS YOU ARE ~ありのままで~ 』
と言い、
地味だけれど良質な作品をチョイスしてくれるこの企画。
私にはすっかり"月に一度のお楽しみ"になっている。

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-10-31 07:40 | 映画館 | Comments(2)
d0098286_7432558.jpg
公式サイト
2015年 ブラジル
上映時間 103分
監督 セルジオ・マシャード


奏でよ、希望を!

拓け、未来を!





ブラジルのスラム街の子どもたちにより結成された
クラシック交響楽団「エリオポリス」誕生の実話。

d0098286_7453222.jpg

有名交響楽団のオーディションに落ち、
スラム街の学校で音楽教師の職に就くヴァイオリニストと
楽譜の読み方はおろか、楽器の持ち方も知らない子供たち。

d0098286_7454575.jpg

生活の為に仕方なくスラムに足を踏み入れた者と
スラムから抜け出す術を持たない者が
音楽によって信頼関係を築いて行く姿は感動的だった。

しかし、単なるサクセスストーリーとは違う後半の衝撃的な展開と
その悲しみを乗り越えて射す"光"のラストの裏で
さりげなく、しかし意図的に見え隠れする
ブラジルの現実と抱える"闇"に何とも複雑な気持ちになった。

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-10-28 08:07 | 映画館 | Comments(0)

毎度毎度、時差あり過ぎの当ブログ。
今更ながらの9月分は旧作多めの20本。


d0098286_8122668.jpg
『 遠い空の向こうに 』   <WOWOW> 
1999年/アメリカ/108分 
【監督】ジョー・ジョンストン


元NASA技術員、ホーマー・ヒッカムの自伝を基に、
ロケット作りに夢を賭ける高校生の姿を描いた青春ドラマ







"とにかく泣ける感動もの"と言う触れ込みに
天の邪鬼の私は逆に手が出せずこれまで見逃していたが
そんな食わず嫌いだった自分を殴りたい程047.gif
爽やかで感動的な作品だった。

d0098286_817111.png

そして評判通り、泣いた、泣いた。
こんなにも幸せな気持ち(と少しの寂しさ)で泣いたのは久しぶり。

★★★★☆


以下、残りの寸評です。
[PR]
by hasikkoami | 2016-10-26 08:13 | お茶の間鑑賞 | Comments(8)
d0098286_10545100.jpg
公式サイト
2016年 アメリカ
上映時間 96分
監督 クリント・イーストウッド


155人の命を救い、

容疑者になった男。





以前からその傾向はあったものの
最近ますますハリウッドの大作系に食指が動かなくなってきた。
それはたとえイーストウッド作品とて同じことで
これもさして観たいと思っていたわけではなく
他に鑑賞予定の作品がなかったから選んだに過ぎない。
しかし、これは本当に観てよかった。

イーストウッドだから単純なヒーローものではなく
後で"ずーん"とか"どーん"とか←語彙が貧困過ぎ
くる作品なんだろうなぁと思っていたら
実にシンプルでストレートな感動もので
『ジャージー・ボーイズ』と言い、80歳を超えて尚この意外性。
イーストウッドはやっぱり凄い。

d0098286_10554498.jpg

この事故のことは、
当時ニュース映像で見た映像と共によく憶えているが
全米がサリーフィーバーに沸くその裏で
あんなことが起こっていたとは。。。

d0098286_10555626.jpg

魔の208秒間を沈着冷静に切り抜けながらも
時間が経つにつれ自らの判断に自信を失い
追い詰められて行く姿に彼の人間性を感じ
ホテルに入った後も制服にこだわる姿は
常に職務を全うしようとする気持の表れに見えた。

d0098286_1056964.jpg

地味ながら最後で美味しいところをさらって行く
アーロン・エッカートもよかったし
落ちて行く機内で「 Head down! Stay down!」と
冷静に言い続けるスタッフ、乗客、救助にあたった人々、
皆が自分のやるべきことをやったからこそ起きた奇跡に
素直に感動した。

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-10-02 19:48 | 映画館 | Comments(6)

by hasikkoami