ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0098286_212248.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 132分
監督 クリント・イーストウッド

米軍試乗最多、

160人を射殺した、

ひとりの優しい父親。




実を言うと、イーストウッドで(おまけに私の好きな)戦争映画だと言うのに
何故かあまり食指が動かず、当日まで観ようか迷っていた

興行収入3億ドル突破! 米で社会現象に!
などの前評判を聞くほどに逆に興味は薄れて行き(天邪鬼なんで)
その日鑑賞予定のもう1本との間に3時間弱ものロスタイムが生じてしまうこともあり
もうスルーしてもいいかなぁ...と思っていたのだけれど
先に観たヴァンパイア映画でハイになった勢いで鑑賞
これがもし、某ちょび髭映画の後だったら間違いなく観ずに帰ったよ
あまりにも違い過ぎるこの2本を同日に観るってのもどうよ?と思ったものの
結果的には、観てよかった

d0098286_2152112.jpg

英雄 か 悪魔 か

彼によって命を救われた者には 英雄
彼によって命を奪われた者には 悪魔

そしてこれは敵側のスナイパーにも言える

d0098286_2153767.png

壁に飾られたオリンピックの表彰台の写真が物語る様に
彼はかつてその国の英雄だったのだろう
そして今も、ある者にとっては英雄であり
またある者とっては悪魔でもある

“命を救う”   “命を奪う”

相反する2つの行為が同時に行われる
戦争の複雑さと恐ろしさ

音楽にこだわるイーストウッド監督の
あえて無音のエンドロールに深いメッセージを感じた

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-25 21:26 | 映画館 | Comments(4)
d0098286_2119565.jpg
公式サイト
2014年 ニュージーランド
上映時間 85分
監督 ジェマイン・クレメント/タイカ・ワイティティ


シェアハウスの相手は…

なんとヴァンパイア!?





低予算感丸出しのモキュメンタリーと言う
新鮮味ゼロの手法による、ゆるいを通り越し
もはや ぐだぐだ  の現代ヴァンパイア事情

とことん くだらない けど

好きだわ~~(≧∇≦)

d0098286_21203843.jpg

現代に生きるヴァンパイアを
オフビートなユーモアと
スタイリッシュな音楽でクールに描いた
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』とは
対極にある様な作品だけれど
こっちはこっちで楽しい~♪

d0098286_21212673.jpg

私のお気に入りは寝顔が可愛いピーター016.gif

ヴィアゴが皆を起こす時の「
Wake U~~p ♥ 」がこれまた優しくていいのよ~016.gif
目覚ましアラームにしたいわ~(≧∇≦)

d0098286_21214685.jpg

ラストは意外性の欠片もない予想通りの展開だったけれど
新たな同居人とお友達も出来たことだし(ピーターは残念だったけど;;)
何だか妙にハッピーな気分になれるヴァンパイア映画だった


★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-23 21:56 | 映画館 | Comments(2)
d0098286_23264458.jpg
公式サイト
2013年 ロシア
上映時間 113分
監督 パヴェル・パルホメンコ

あなたの見たこの地球(ほし)は、

今も青く澄んだ光に

包まれていますか。




良くも悪くも、とてもロシアらしい作品だった

1961年世界初の有人宇宙飛行を成功させた旧ソ連の宇宙飛行士
ユーリー・ガガーリンの命がけのミッションとその半生

人間が無重力に耐えられるのか、全く分からなかった時代に
たった一人で宇宙へ飛び立つことの不安や恐怖はどれほどのものだったのか
今では想像することすら難しい

d0098286_23292123.jpg

しかしこの作品を観終わってまず思い出すのは
どれほど過酷な状況にあっても絶えることのなかった
彼の優しく、無邪気とも言える笑顔

d0098286_23322243.jpg

ガガーリンを飛行士に選抜したセルゲイ・コロリョフが語ったと言う
「素晴らしい笑顔は、いつも心が安定している証拠である」の言葉通り
穏やかな笑顔の裏には途方も無く強い精神力があったのだろう

映画はミッション成功の歓喜の中で終わるが
エンドロールの、そんなガガーリンですらその後精神的に追い詰められ
このわずか7年後、飛行中の事故により
34歳と言う若さで亡くなったと言うテロップに心が痛んだ

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-21 23:36 | 映画館 | Comments(0)
d0098286_21182098.jpg
公式サイト
2014年 中国/香港
上映時間 109分
監督 ディアオ・イーナン



疑惑の女に堕ちていく――






観始めてすぐ
これは間違いなく私好みの作品だと確信


観る者の視線を釘付けにするオープニング

d0098286_21195512.jpg

1999年から2004年へのあまりに鮮やかな移行

d0098286_212076.jpg

猥雑、なのにクールな映像

d0098286_21202248.jpg

作品の紹介にはポン・ジュノとジャ・ジャンクーが引き合いに出されていたけれど
むしろニコラス・ウィンディング・レフン系

d0098286_21205326.jpg

グイ・ルンメイの儚げな美しさと透明感

白日焰火(白昼の花火)を見上げるラストの表情が忘れられない

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-18 21:28 | 映画館 | Comments(0)
d0098286_206186.jpg
柳 広司【著】
角川書店(2012/06発売)

結城率いる異能のスパイ組織”D機関”に対抗組織が。その名も風機関。同じ組織にスペアはいらない。狩るか、狩られるか。「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を徹底的に叩き込まれた風機関がD機関を追い落としにかかるが…。


単行本未収録作収録、との情報を得て(カクテキさんに感謝~♪)それ目当てでの再読。
再読とは言え初読みからすでに5年。
内容なんてほとんど忘れていることも功を奏してか、どの話も凄く新鮮で面白かった。
ただ目的の掌編は1作目「ジョーカー・ゲーム」に収録されていた「ロビンソン」のサイドストーリーらしく
あぁ、そう言えばそんな話があったかも~σ( ̄、 ̄=)ンート・・・レベルの記憶しかない私は、
せめて「ロビンソン」だけでも読み直しておくべきだったかなぁ...^^;
[PR]
by hasikkoami | 2015-02-12 20:10 | 図書館 | Comments(2)
d0098286_2001075.jpg
アゴタ・クリストフ【著】 堀茂樹 【訳】
早川書房(2001/05発売)
戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理—非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。 


映画を観てすっかり打ちのめされた気でいた私は甘かった。
映画も凄かったけれど、原作は更に凄かった。
いかにも子供が書いた作文と言った体の、一見稚拙とも思える簡潔な文体が
それを記した双子の徹底した客観性を感じさせ、尚更恐ろしい。
[PR]
by hasikkoami | 2015-02-12 20:01 | 図書館 | Comments(0)

夫の部下のアラサー男子くんは海外ドラマ好きらしく、
夫が「うちの嫁も人が死ぬドラマが好きで(←人を異常者みたいに言うな)よく観てるぞ」と言ったら
「これ奥さんに♪」と「メンタリスト」S1 のDVDセットを貸してくれた。嬉しい~ 070.gif 
いや~アラフォーになったサイモン・ベイカーは可愛いね~(でも私のお気に入りはチョウ053.gif
先日観終わったのでお礼のチョコと共にお返ししたら、
入れ替わりにS2~4を「(返すのは)いつでもいいですよ」とまたまた貸してくれた。
う、嬉しい043.gif・・・けど、これでまた睡眠時間がぁぁぁ...014.gifってことで
1月の「お茶の間映画」は私にしては少なめの10作品。

More
[PR]
by hasikkoami | 2015-02-11 12:02 | お茶の間鑑賞 | Comments(4)
d0098286_16375892.jpg
公式サイト
2015年 アメリカ
上映時間 107分
監督 デヴィッド・コープ


この“ちょびヒゲ”に、

気をつけろ!






どうやらこの作品
ジョニデの作品中、最低のオープニング成績と言う
不名誉な記録を打ち立ててしまったようですね
(まあ、正直それも致し方ない出来かと^^;)

しかし初日に観た息子が
「ジョック(ポール・ベタニー)最高~!」と騒ぐので
(「  ̄ー ̄) ドレドレ・・・と、ポール・ベタニー目当てで鑑賞


「ジョック、どこにいた!?」

「いつも通り、あなたの後ろに」

初登場シーンの台詞で撃沈053.gif


たとえ何度撃たれようとも

d0098286_16412527.jpg

d0098286_16413690.jpg


ただひたすらチャーリーに尽くすジョック

はい、息子の言葉通り

「ジョック最高~053.gif

でございました・・・以上!



今夜は息子とジョック談義でもするかな(笑)

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-08 16:51 | 映画館 | Comments(4)
d0098286_1421068.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 92分
監督 サイモン・ウェスト



最強の「切り札」






このところ別にスクリーンで観なくてもいいかなぁ...とパスしていたステイサムもの
今回は、実は結構好きなのよね~(笑)のサイモン・ウェスト監督と
お久しぶりのウィリアム・ゴールドマンに釣られての鑑賞

d0098286_14221533.jpg

前半のちょっとオフビートな雰囲気と、闇を抱えてそうなステイサムに
おおっ!これはちょっといつもとは違うかも!?と期待したのだけれど・・・
残念ながら脚本が甘いと言うか、悪い意味でユルいと言うか...--;

ウィリアム・ゴールドマンの脚本
昔は本当に面白かったのになぁ...(*´-Д-)ハァ=3

しかしまあ、ジャッキー・チェン&ジェット・リー(『ドラゴン・キングダム』)
ジーナ・カラーノ(『エージェント・マロリー』)に続き今回はステイサム!と
強いおっさんたち&姐さんを癒す仔犬系アンガラノくんと 
(これまた、結構好きなのよね~笑)

d0098286_14223367.jpg

(ちょっと時期はずれではあったけど)
滅茶苦茶私好みの音楽060.gifに免じてヨシとします(笑)



★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-07 14:28 | 映画館 | Comments(2)
d0098286_221559.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 165分
監督 リチャード・リンクレイター


すべての瞬間に、

「大切」が宿っている。






青い空   白い雲   緑の芝生  

寝転び、空を見上げる少年

Coldplay の 「 Yellow 」

はい、もうこの卑怯なオープニングでノックアウト(笑)

後はただ、一人の少年の“ BOYHOOD(少年時代)”
人生において最も多感で瑞々しい12年間を静かに見守るだけ

引越し、母の再婚、義父の暴力
大人の都合に振り回されながら成長していく子供たち
それに伴い歳をとっていく大人たち


時間は途切れない

一瞬とは常に今この瞬間のこと



この作品だけでなく、『ビフォア』シリーズにも通じるラストのこの台詞が
リンクレイター監督が追い続けるテーマなんだろうな

d0098286_22231817.jpg

映画はここで終わるけれど
彼らの時間はこれからもずっと流れて行くんだね

★★★★☆


< 本日の気になる脇役 >

メイソンパパの音楽仲間ジミー
d0098286_2219778.jpg

どこかで見た顔だなぁ...と思ったら・・・
チャーリー・セクストンじゃないかー!005.gif

ちなみに、こちら は映画ではなく現在のチャリ坊(笑)
d0098286_2219192.jpg
し、渋すぎる016.gif
メイソンパパ曰く「ジミーは今でもモテる」
そりゃそうでしょうよ045.gif

[PR]
by hasikkoami | 2015-02-01 22:34 | 映画館 | Comments(4)