ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


今年スクリーンで観た映画は全部で95作品
100本超えの昨年よりは減ってしまったけれど
単なる一主婦としては充分な数字かと(笑)

その95作品の中で唯一満点評価だった作品

『 悪童日記 』
d0098286_15191617.jpg

その濁りのない、冷ややかな視線が心に突き刺さる

透明ゆえに全てを映し出す彼らの瞳に描かれる人間は
残酷だけれど優しく、脆いけれど強かでもある
そしてその複雑さこそが、人間の本質なのかもしれない

・・・って、これでは今年最後の記事としてあまりに重苦しいので
★4つ半の8作品の感想をリンクしておきます(鑑賞順)

『 ビフォア・ミッドナイト 』
『 ダラス・バイヤーズクラブ 』
『 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 』
『 世界の果ての通学路 』
『 チョコレートドーナツ 』
『 アバウト・タイム 愛おしい時間について 』
『 インターステラー 』
『 誰よりも狙われた男 』

来年もまた、素敵な映画たちに出会えますように


[PR]
by hasikkoami | 2014-12-31 15:28 | 映画館 | Comments(4)
今年のお茶の間鑑賞した初見映画の183作品(爆)中、満点評価の4作品(鑑賞順)

d0098286_1561476.jpg
『 最初の人間 』

2011年/フランス/イタリア/アルジェリア 
【監督】ジャンニ・アメリオ

1957年、フランス植民地からの独立解放を求める紛争が起きる中
生まれ故郷のアルジェリアを訪れた作家の葛藤を描く
アルベール・カミュ未完の遺作



d0098286_1564541.jpg
『 デタッチメント 優しい無関心 』

2011年/アメリカ/98分   
【監督】トニー・ケイ



現代アメリカの荒れ果てた教育現場の
実情を描いた社会派ドラマ



d0098286_1565434.jpg
『 ビル・カニンガム&ニューヨーク 』 

2010年/アメリカ/フランス/85分  
【監督】リチャード・プレス



NYタイムズ紙の名物フォトグラファー、
ビル・カニンガムを追ったドキュメンタリー



d0098286_1571375.jpg
『 嘆きのピエタ 』 

2012年/韓国/104分   
【監督】キム・ギドク



孤独で非情な青年と
その母親を名乗る女性が織り成す愛憎劇




『 嘆きのピエタ 』は、個人的に昨年の劇場公開作品の大本命だった作品
もし昨年スクリーンで観ていれば昨年の、今年観ていれば今年の、
間違いなくベストだったろうと思う。


[PR]
by hasikkoami | 2014-12-31 15:15 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)

年末年始に向け、HDDの容量を減らすべく
睡眠時間を削っての鑑賞で20作品消化!←どんだけ暇なんだ

WOWOWとTSUTAYAのコラボ企画
“発掘良品~100人の映画通が選んだ本当に面白い映画~”がどれも面白かった。

More
[PR]
by hasikkoami | 2014-12-31 15:00 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
感想を書かずに放置する期間が長過ぎたのか
何と感想はおろか、何を読んだのかさえも忘れてしまった作品が数冊^^;
「読んだらすぐ返却」を心掛ける図書館利用者なので
手元に本も残っておらず、メモも取っていない。
(さすがにここまで綺麗さっぱり忘れるとは思ってもいなかった)
ま、そのうち思い出すだろうと思うので、とりあえず憶えている分の目録だけでも記録。

感想なしの目録のみ
[PR]
by hasikkoami | 2014-12-31 14:39 | 図書館 | Comments(0)
d0098286_23545244.jpg
公式サイト
2013年 イスラエル
上映時間 110分
監督 アハロン・ケシャレス


善良そうな容疑者
過剰な被害者
乱暴な刑事
本当の‘悪(オオカミ)’は誰だ!?





タランティーノ監督が絶賛!と言う時点で
単なるサスペンスでは無いだろうとは思っていましたが

d0098286_2356271.jpg

可憐な少女たちが戯れる耽美なオープニングで始まるこの作品が
まさかコメディだったとは!!(爆)

d0098286_23562355.jpg

この4人のオヤジたちがのやり取りが兎に角おかしくて
もう笑いを堪えるのに必死ww

「ワルキューレの騎行」と
(曲名の分からない)やたらとノーテンキなギディ親子の携帯着メロや
ケーキ作りの際に流れる 「 Everyday 」も最高♪

何故か馬に乗って現れるアラブ人さんも素敵だったし016.gif

d0098286_2357243.jpg

色使いやカメラワークなど、映像的にも好みで満足でした001.gif

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-12-31 00:00 | 映画館 | Comments(2)
d0098286_21301657.jpg
公式サイト
2013年 インドネシア
上映時間 146分
監督 ギャレス・エヴァンス


マフィアvs.潜入捜査官vs.ヤクザ

全面抗争





舞台がほぼ高層ビルの中だけ、と言う閉塞感が一層緊張感を煽った前作から一転
今作は予算が大幅に増えたと見えて、舞台も俳優も格段にスケールアップ
ストーリーも複雑になり、上映時間も40分も長い大盤振る舞い

ただその所為か、前作の様にシンプルに、ただひたすらアクションを楽しむ!
と言う作品ではなくなってしまったのが残念

個人的には、この手のアクション映画は100分前後が最適だと思っているので
その点でも前作は完璧だったのに
今作は残念ながら、その延びた時間分が作品に深みを与えているとも思えず
間延びした印象を与えてしまっている様な気がする

・・・といきなりの辛口ですが
決して面白くなかったわけではないんですけどね

d0098286_2133367.jpg

舞台が広がったとは言え、いきなりトイレの個室と言う
究極の閉鎖的空間でのアクションから始まり
列車、車、ビルの廊下、と狭い場所でのアクションは相変わらずキレッキレ
カースタントもスタントマンさんたちの無事を祈りたくなるほど凄まじい

d0098286_2134513.jpg

キッチンでの死闘もお見事038.gif

前作で最強の敵マッドドッグを演じたヤヤン・ルヒアンも
出番は多くないものの、今作でも素晴らしいアクションで魅せてくれた

d0098286_21342261.jpg

こんなみすぼらしい、よぼよぼのホームレスもどきなのに
いざ格闘!となればオーラ全開
軽やかでキレの良い身のこなしに、もううっとり016.gif

日本人キャスト3人は
よっぽど予算が余ってたのね~と思う全くの無駄遣いでしたが(言いすぎ)

d0098286_2135477.jpg

煮ても焼いても食えなさそうな龍平くんだけは中々良かったです

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-12-30 21:44 | 映画館 | Comments(0)
d0098286_19415820.jpg
公式サイト
2013年 スウェーデン
上映時間 115分
監督 フェリックス・ハーングレン

100歳になっても

未来は予測不可能。

だから人生はおもしろい!





一人の男の人生を通して20世紀の世界情勢を描くと言う点では
まさにスウェーデン版『フォレストガンプ』だけれど
感動的な本家(?)とは違い
キツイ皮肉とブラックな笑いに溢れ
いくら悪気は無いとは言え
何人もの人たちを死に追いやってきた(それもかなり悲惨に)爆弾オタクが
あんなハッピーエンドを迎えることについては
好みの分かれるところかもしれないけれど、私は大好き003.gif

考えたって無駄

なるようにしかならない

それが人生


d0098286_10523518.jpg

究極の楽観主義者がたどり着いた最高に素敵な結末は
私まで幸福感で満たしてくれた056.gif

それから・・・

d0098286_19441654.jpg

主役の俳優さんの老けメイクがとても自然で
さすがに100歳ではないにしろそれなりのお歳なのかと思いきや

d0098286_19443261.jpg

実際はまだ50前だったのね005.gif
イーストウッド監督(のスタッフさんたち)に特殊メイクを伝授してあげて下さい^^;

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-12-26 19:51 | 映画館 | Comments(0)
d0098286_21275910.jpg
公式サイト
2014年 カナダ/アメリカ/ドイツ/フランス
上映時間 111分
監督 デヴィッド・クローネンバーグ


その祈りは、

永遠の呪い。







いや~ジュリアン・ムーアが凄まじくウザいです

(褒めてます)

d0098286_21333330.jpg

「ジュリアン・ムーアは、素晴らしいモンスターを創造した!」
                ――D・クローネンバーグ

このクローネンバーグ監督の言葉が
誇張でも何でもなかったことを痛感します


そして

d0098286_21343738.jpg

胡散臭さ炸裂、セレブ専門セラピストの父
息子が生きがい、ステージママの母
13歳にして薬物中毒治療中、有名子役の弟
存在を封印された姉

富   名声   秘密 

セレブの必需品を全て持つ彼らファミリーも
一般人からすれば特異な存在だけれど
ハリウッドには彼らの様な人種がゴロゴロしているのでしょうね

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-12-24 21:40 | 映画館 | Comments(4)
d0098286_2142498.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ/ニュージーランド
上映時間 144分
監督 ピーター・ジャクソン


かけがえのない、

仲間たちがいた――。





二作目を観た時にも思ったことだけれど
スマウグはあそこ(二作目)で方を付けるべきだったんじゃないかなぁ

d0098286_2143598.jpg

始まって早々クライマックスの様な盛り上がりは
バルド贔屓の私としては見所も多かったけれど
やはり今作は「五軍の合戦」に絞って欲しかったし

d0098286_21432759.jpg

スランドゥイルとバルドの友情や
ビルボの帰還をもう少し丁寧に描いて欲しかった

だってこれ(原作)は若き日のビルボの冒険と友情の物語なんだから

それなのに今回一番目立っていたのはビルボでもドワーフでもなく
(原作には出てこない)レゴラスのように見えたのは私の気のせいですか?^^;



何より・・・

d0098286_21433923.jpg

彼らをもっと観たかった!!

(結局そこかい)


・・・と不満が無いわけではないけれど
エンドロールの「 The last goodbye 」も実にしみじみとイイ曲で
おまけにこの曲を歌っているのが
『 LotR 』 のピピン(ビリー・ボイド)とあっては満足するしかない



歌詞がまた泣ける;;

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-12-22 22:34 | 映画館 | Comments(2)
d0098286_10464351.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 149分
監督 デヴィッド・フィンチャー

本当に大切なものはいつも

失って初めてわかる


それにしてもこの↑コピー、
この作品のどこをどう見れば出てくるのか
私にはさっぱり分かりません^^;





これはもう

兎にも角にもロザムンド・パイク!

な作品なのでした

いきなりネタバレです
[PR]
by hasikkoami | 2014-12-21 10:58 | 映画館 | Comments(4)

by hasikkoami