ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0098286_9152898.jpg
松尾 スズキ【著】
文藝春秋 (2010/01/10 出版)

北九州のシャッター商店街に映画の撮影隊がやってきた。俳優たちの退屈しのぎの思いつきから、街は最高に心ない賭けのワンダーランドに…。人の心の黒さと気高さを描きつくす。


元々ブラックな笑いは好きだしテンポもよくてさらさら読めるんだけど
何でもかんでも賭け事の対象にする彼らがどうしても好きになれなかった。
だって私、賭け事だいっきらいなんだよねぇ・・・
(だったらこんなタイトルの本読むなよ!って感じですが^^;)
それに映画作りってこんなにいい加減なの?と
映画ファンとしてはちょっと悲しくなったりもして
結局面白さより不愉快さの方が先にたってしまった。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-10 09:20 | 図書館 | Comments(0)
d0098286_2014472.jpg
恩田陸
メディアファクトリ- (2010/01 出版)

小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家では、時がゆっくり流れている…。幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏でる不穏な物語。巻末に驚きの書き下ろしサイドストーリーを収録。『幽』連載に加筆修正して単行本化。

小さな丘の上に建つ1軒の幽霊屋敷を舞台にした連作短編。
結構おぞましい話も出てくるのに
怖いというより何故かニヤリとさせられてしまう不思議なホラー。
「俺と彼らと彼女たち」なんてユーモラスで好きだなぁ。
ただせっかくの書き下ろしだけど、附記はいらなかった気がする。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-08 20:16 | 図書館 | Comments(2)
d0098286_2152455.jpg
公式サイト
2009年 日本 
上映時間 139分
監督  中村義洋


なぜ! 誰が! 何のために!

首相暗殺犯に仕立てられた

無実の男の大逃亡劇




面白かったー!2時間20分があっという間!
ホント、中村監督は伊坂作品と相性がいいんだねェ。
(とか言って原作は未読なんだけどね^^;)
堺雅人はもちろんよかったけれど
その影が薄く感じてしまうほど濃い脇役さんたちがまたいい。
特に「これぞ伊坂キャラ!」な宅配ドライバー岩崎さんが滅茶苦茶かっこいい!
まるで『フィッシュストーリー』の鉄矢(演じるのは同じく渋川清彦さん)が
更に男をあげたって感じで・・・ああ、ロックだわァ(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-06 21:32 | 映画館 | Comments(6)
d0098286_20115367.gif
あさの あつこ【著】
講談社 (2009/02/04 出版)

江戸・深川元町の料理茶屋「橘屋」に奉公する12歳のおふくは、美しく気丈な仲居頭・お多代の下で、女として、仕事人として成長していく。表題作を含め全7篇を収録した連作短編集。


あさのあつこさんって時代小説も書いてるんだね。
とか言いながら実は「バッテリー」すら読んだことない私^^;

やはり児童文学を書いてらっしゃるだけあってとても読みやすい。
それぞれ独立した話ながら全体を通せばおふくの成長物語としても読めるので
時代小説はちょっと・・・と言う人でもこれなら読めるんじゃないかな。

女はね、赤ん坊を背負うように、覚悟を背中に背負って生きてんのさ。

とさらりと言ってのける仲居頭のお多代がかっこいい。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-04 20:13 | 図書館 | Comments(0)
d0098286_10483049.jpg
北 重人【著】
徳間書店 (2009/12/31 出版)

武士を捨て、飴売りとなった三左。市井のもめ事・難事件を鮮やかに処理し、殺人事件の下手人捜しもよろず決着! 著者の絶筆となった表題作ほか、全5編を収録。


とても・・とてもよかった。
登場人物がとても魅力的で、彼らのこれからをもっと見ていたかった。
続きが読めないのが凄く残念。。。
それに、三左の、思いを残したままこの世を去った者たちへの温かい眼差しを感じる度
北さんはご自身の余命をご存知だったのか・・・と切なくなる。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-03 10:50 | 図書館 | Comments(0)
d0098286_1132180.jpg
柳 広司【著】
角川書店 角川グループパブリッシング〔発売〕 (2009/08/31 出版)

結城中佐率いるD機関の陰で、もう一つの秘密諜報組織・風機関が設立された。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城が放った一手とは? 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第2弾。

前作はD機関内部からの視点だったが、今回は外部からの視点と云う事で
D機関及び結城中佐の直接的な描写はほとんどないにもかかわらず
見えないが故の緊張感で、その存在感はますます大きくなって行く。
早く3作目が読みたい。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-02 11:04 | 図書館 | Comments(0)
d0098286_10124484.jpg
パオロ・ジョルダーノ【著】 飯田 亮介【訳】
早川書房 (2009/07/25 出版)

過去に犯したある罪のせいで、孤独の殻に閉じこもっていた少年マッティア。スキー中の事故で片足が不自由になった少女アリーチェ。近くにいるけれど、本当に愛しあうには遠すぎる2人。若き物理学者が描く、鮮烈な恋愛小説。

素数とは「1と自分自身以外に約数を持たない数」のこと。
そして双子素数とは3と5、11と13のように、「隣り合う奇数がともに素数である組」のことで
双子素数の間には必ず偶数が入り永遠にその双子は触れ合うことが出来ない。

人は皆「素数」なのかもしれない。
自分を割り切ることが出来るのは自分だけ。
どんなに近しいと思う相手との間にも僅かな隙間は存在し
ぴったりと重なることはない。
淋しいことかもしれないけれど、でも決して悲しいことじゃない。
その隙間に双子素数を隔てる偶数のような優しさを感じることが出来るから。
[PR]
by hasikkoami | 2010-02-02 10:14 | 図書館 | Comments(0)

by hasikkoami