ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

カテゴリ:音楽( 34 )


『 ジャージー・ボーイズ 』効果でドゥー・ワップにハマってることは前に書いた通り。

50年代、60年代の音楽は若い頃から好きだったけれど
もっぱらブラックミュージックやジャズばかり聴いていたので
クラシックでありながら、少しだけ今風のアレンジがプラスされた
The Overtones のホワイト・ドゥーワップやポップスは
懐かしいと言うより、むしろ新鮮に感じられる。


Beggin'・・・オリジナルはフォー・シーズンズ

ほとんど原曲のままなのに今聴いても何てかっこいいんだemoticon-0115-inlove.gif
ボブ・ゴーディオって本当に優れたメロディメーカーだわ。


Runaway・・・オリジナルはデル・シャノン

しっとりしたイントロからの転調がたまらん。
でも一番痺れるのは間奏のトランペットソロemoticon-0152-heart.gif


ま、これは説明不要でしょう。オリジナルはロイ・オービソン



そしてホワイト・ドゥーワップの定番中の定番・・・ Runaround Sue

「とんでヘレヘレ」じゃないのはちょっと残念。

とんでヘレヘレ??と言う方はオリジナルのディオン&ザ・ベルモンツをどうぞ

ね、「とんでヘレヘレ」でしょ(笑)

[PR]
by hasikkoami | 2014-11-07 23:47 | 音楽 | Comments(0)

『 ジャージー・ボーイズ 』を観てからと言うもの、ドゥー・ワップがマイブームemoticon-0111-blush.gif
そして只今のお気に入りはジ・オーヴァートーンズです(フォー・シーズンズやないんかい!)

今時珍しい正統派のドゥー・ワップを聴かせてくれる英国のグループで



50年代のドゥー・ワップから今時のポップスまでをクラシックなアレンジで聴かせてくれる


もちろんこの曲もemoticon-0159-music.gif



カバーだけでなくオリジナル曲もまたかっこいいemoticon-0115-inlove.gif

ジャジーなメロディと古風な振り付け、そしてスーツ、たまりませんです(笑)

[PR]
by hasikkoami | 2014-10-23 21:53 | 音楽 | Comments(0)

こんな (日本では)どマイナー な催しを連日とり上げて一体誰が読むんだよ!?
って感じですが、いいのよ、それでこそ私(笑)


さてそのユーロビジョン・ソング・コンテスト。
先日行われた決勝戦の結果、優勝はオーストリアに決定!
ビジュアルも歌唱力もとにかくインパクト絶大



そして2位はオランダ
この曲ほど本番のパフォーマンスの前と後で評価が変わった曲もないんじゃなかろうか。
PVと見紛う程完成度の高いステージ映像は
雰囲気はいいけど地味だよねぇ...と思ったPVすら
本番の為の布石だったのではないかと思わせる見事な戦略勝ち。


そして以下は順位無視で私のお気に入りの4ヶ国+α

<スイス>

予選のパフォーマンスがとてもよかったので期待していたのだけれど
声が枯れて表情にも疲れが見えたような気がして少し残念。
てことで映像は予選の時のもの。


<ギリシャ>

予選では緊張からか、出だしカミカミだったラッパーくんも今回はスタートからパワー全開!
会場の熱気も最高潮でとてもいいステージだった。


<フィンランド>

ステージングもライティングもこの上なくシンプルにローーーーック!って感じがいいねぇ。


<マルタ>

力強くて温かい素敵なパフォーマンスで、これまたよかったよ~♪


<ベラルーシ>

ロビン・シックもどきのPVはいただけないけれど、このレトロな感じは結構好み。
微妙におじさんぽいバックダンサーズもツボ(笑)


今年は え!?|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?なエントリが少なくて
聴きやすい曲が多かったような気がする。(それはそれで寂しいけど・笑)

結果発表の時のロシアに対する凄まじいブーイングに
のん気そうにに旗振っててもやっぱみんな怒ってるんだねぇ...なんて思ったり
(その割りにしっかり7位にランクインしてるロシア^^;)
色々あったけれど、何だかんだで今年も楽しかった♪
[PR]
by hasikkoami | 2014-05-12 21:57 | 音楽 | Comments(2)

以前ご紹介したユーロビジョン・ソング・コンテスト
先日行われた予選で決勝に進む20ヶ国が決定し、この20ヶ国にシード6ヶ国
(イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアと昨年の優勝国デンマーク)
の計26ヶ国で決勝が行われることとなりました。
私のお気に入りであるスイス、ギリシャ、フィンランド、マルタの4ヶ国は見事予選突破!\(^〇^)/
これでますます決勝が楽しみになりましたよ~♪
この4ヶ国については決勝の後で触れることにして(まだやる気?)
今回は予選で気になったその他の国々をピックアップ。


PVで観た時は、いい曲だけど観客へのアピール度が低くて
ユーロビジョンのステージ向きじゃないなぁ・・・なんて思っていたらこれがどっこい!
計算し尽されたカメラワークと幻想的なライティングの素晴らしいパフォーマンスだった。



正直曲は好みじゃないけれどパフォーマンスは圧巻。
その容姿について一部の国では不適切だとの批判もあるようだけれど
そんなくだらない発言をねじ伏せるだけのパワーがあったよ。



今年のイロモノ枠(笑)アイスランドが選ばれたのも嬉しい。
お祭りはやっぱり楽しくなくちゃ♪


そして以下は残念ながら決勝には進めなかったけれど、私は好きだったよ~!の2ヶ国。


申し訳ないけれど、初めて聴いた時に予選落ちを確信^^;
ラトビア勝負捨ててるに出たな~!と思ったわよ。
でも楽しくてほのぼのしてて思わず笑顔がこぼれる素敵な曲だと思うよ^^



この歌謡ショーっぽい雰囲気がいい。
サルサの軽快なリズムも楽しいし、何と言ってもおねーさんがキレイ ♥
最後に「アリガト~!」と叫ぶので???と思ったら「オブリガード」だった^^;


さて決勝は日本時間で5月11日の早朝。
さすがにリアルタイムで観るほどコアなファンではないので明日の夜にでもゆっくり楽しむつもり。
[PR]
by hasikkoami | 2014-05-10 21:15 | 音楽 | Comments(0)
ユーロビジョン・ソング・コンテストとは欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって
毎年5月に開催されるヨーロッパ国別対抗歌合戦のこと。(詳しくは Wiki で)

ヨーロッパと言うとオシャレなイメージがあるけれど、
少なくともこのコンテストに関してはイマイチ垢抜けてないと言うか、
全体的にどこか懐かしさを感じさせる(一昔前のポップス風な)ところが気に入っている。

例年3月の末には各国の代表も出揃い、MVやらライブ映像が次々とネットに上がってきているので
このところ暇さえあればそれらを観たり聴いたりして楽しんでいる。




以下、今年の私のお気に入り。


スイス・・・今年の私のイチオシ!
ただ例年私のイチオシって予選落ちなのよねぇ^^;



ギリシャ・・・バルカン風のブラスのイントロとリフがカッコいい♪



フィンランド・・・フィンランドと言えばロックよね。



マルタ・・・若い頃は「カントリーなんて・・・」と思っていたのに、
最近は「やっぱカントリーは落ち着くわ~」なんて思うようになって・・・歳とったなぁ(苦笑)

それにしても見事にバラード無視の選曲だなぁ(笑)

[PR]
by hasikkoami | 2014-04-13 00:27 | 音楽 | Comments(2)

ようやく劇場鑑賞映画の8月分までをアップし終わったと思ったらすでに9月も終わり。
ちなみに9月鑑賞分は8本^^;まだまだ先は長いのでここらでちょっと一休み。

音楽番組は見ない、ラジオも聴かない、音楽雑誌も読まない
そんな私の音楽情報収集はもっぱら You Tube 
日本でもここ数年カバーブームが続いているように
You Tube でもカバーソングが花盛りでそれを聴き比べるのも楽しい。
そして最近気に入っているのは Anthem Lights と The Beef Seeds と言う2組のグループによるカバー。

アメリカの4人組ボーカルグループ Anthem Lights
見た目もイケメンながらハーモニーも最高。何より曲のアレンジのセンスがとてもいい。
1Dやジャスティン・ビーバー、オースティン・マホーンといった所謂アイドルの曲もカバーしているのだけれど
彼らのカバーを聴いて「こんなに素敵な曲だったの!?」と気付かされる場合も多い。
オリジナル曲に関連性のある別の曲をほんの少しだけ紛れ込ませたりする遊び心も楽しい^^


この1Dのメドレーもマッシュアップ具合が絶妙な上に
バックストリート・ボーイズの"I want it that way" が1フレーズだけとても自然に入っている。
そのフレーズを歌い出した途端他のメンバーが振り返ったり
最後は指を指して笑っているのでひょっとしてアドリブだったのかな?^^


これも NSync の"Bye Bye Bye"がよく効いている♪

ケイティ・ペリーの"Roar"にはサバイバーの"eye of the tiger"
ジャスティン・ティンバーレイクの"Mirrors"にはマイケル・ジャクソンの "Man In The Mirror "が
さりげなく入っていて、それがまた何ともいい感じ。


そして続いてはアメリカの4人組カントリーバンド The Beef Seeds
ロックだろうがR&Bだろうがポップスだろうがとにかくどんな曲もカントリーにしちゃう。
でもこれが凄く楽しい。

注:以下の動画には全て曲の前にどうでもいい寸劇が入ってますがどうか引かないでやってください。


初めて聴いた時は思わず笑っちゃったけどボーカルさん言い声してる。


オリジナルのあの気だるい雰囲気は微塵もない(笑)


オリジナルもとても爽やかで素敵な曲だけどこちらはさらにほのぼの。

「遊び心」と言う言葉には「音楽をたしなむ心」と言う意味もあるらしいから
まさしく彼らにぴったりの言葉だわ。

[PR]
by hasikkoami | 2013-09-29 16:16 | 音楽 | Comments(0)

最近お気に入りのアーティスト。

『 glee 』が好きで season 1 から観ているけれど、
脇役好きの私はメインのニューディレクションズのメンバーよりもついついバックバンドに目が行く。
お気に入りはドラムくんとベースくん(役名すらないって脇にも程があるけど^^;)
S3はそのドラムくんとベースくんがこれまでになく目立っていて(私基準)嬉しい上に
新しく加わったギターくんがこれまた実にキュート♪
で、そのS3の注目株(あくまでも私基準)のギターくんがこの Derik Nelson 。
いつもすっごく楽しそうにギターを弾いている姿がいいなぁとググってみたら
インディーズ(かな?)のアルバムを何枚か出していて、
YouTube にはリアーナからスティングまで様々な曲をカバーした動画も UP されていた。


正直オリジナルより好き。



まさかこの曲をここまで爽やかに歌うとは(笑)
オリジナルのノリノリな感じも大好きだけどこれも捨てがたい。



最近のヒット曲ばかりじゃなく激シブのスティングまで。



オリジナル曲も凄くいい。マルチな才能ってこういうことを言うんだね。
いつか『 glee 』でも彼の歌を聴いてみたいものだわ。


他にもブルーノ・マーズ、ジャスティン・ビーバー、ケイティ・ペリーなど、
様々な曲をカバーしているので興味のある方は是非!
Derik Nelson

『 glee 』 S3 は今夏NHK地上波で放映予定なので、
ご覧になる方は是非彼らバックバンドにも注目してみてください(広報か)
[PR]
by hasikkoami | 2013-05-05 09:23 | 音楽 | Comments(0)
以前にも書いたけれど、最近 The Wanted をよく聴いている。
この One Direction 全盛の時に、あえて The Wanted ってところが私らしい(笑)
あ、でも別にファンと言うわけじゃないですよ。(って誰に言ってる?)

で何が“ウディ・アレンつながり ”なのかと言うと、
彼らの『 Heart Vacancy 』と言う曲のPVが
ウディ・アレンの映画『カイロの紫のバラ』のシーンそのままなのよね。

『カイロの紫のバラ』


The Wanted 『 Heart Vacancy 』
映画はほろ苦いラストだったけれど、こっちはこのままハッピーエンドだといいな。

[PR]
by hasikkoami | 2013-02-15 06:43 | 音楽 | Comments(2)
『もうひとりのシェイクスピア』の公開を記念して、勝手にリス・エヴァンス特集~emoticon-0159-music.gif

リス・エヴァンスと言えば
d0098286_22311730.jpg
こんなのや

d0098286_22312724.jpg
こんな役が多い(そこが魅力でもある)けれど
それなりの格好をすれば実は結構色男。(『パイレーツ・ロック』なんて超セクシーだし♥)

そんな“ 実はイケメン”のリスの中でも私が最高にかっこいいと思っているのが
Oasis 『 The Importance Of Being Idle 』のPVのリス。

スタイルの良さ、身のこなし、いたずらっぽい表情などリスの魅力全開。
まるでリス本人が歌っているかの様にノエルの歌声ともピッタリ。

d0098286_2236576.jpg
Oasis メンバーに混ざっても違和感無し、の雰囲気も素敵。

リス自身 The Peth と言うバンドでボーカルを担当していて
これがまた雰囲気のあるとても良い声で、曲もイイ感じでお気に入り。


[PR]
by hasikkoami | 2013-02-08 22:40 | 音楽 | Comments(0)
恥ずかしながら昨年の秋以降、私のiPodでぶっちぎりの再生回数なのが
The Wanted の『 I Found You 』
The Wanted が特に好きだと言う訳ではないのだけれど
ノリのいいダンスミュージックにラテン風味がプラスされたこの曲は凄く好み。

秋に公開された大人っぽい雰囲気のPVとは別に
先月公開された「 Fan Version 」のビートルズを意識したレトロな映像とコミカルなオチも楽しい。

・・・にしても2時間も気付かれないネイサンって一体・・・(笑)
(ジェイなんて起きる気配すらないよww)


さてそのネイサン。
以前からその可愛らしい見た目とは違い、意外にパワフルな歌声だとは思っていたけれど
元々ソウルやR&Bが好きだというだけあって中々ソウルフル。
まだ19歳。これからの成長が楽しみではある。

[PR]
by hasikkoami | 2013-02-04 20:33 | 音楽 | Comments(0)