ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽


突然ですが
今日でこのブログを閉じることにしました。

"突然"と前置きしたものの
自分がブログを続けていることに対して
実は以前から違和感があり
そう遠くないうちにやめようとは思っていました。

ただその時期については
今年いっぱい続けるとちょうど10年だしキリがいいかな~
なんて思っていたのですが
このところ更年期やらなんやらで気力が落ちていて
映画館に行く気にもならず、やはりここらが潮時かも...
と思い始めたところへ先週パソコンが壊れ
これは
ぐずぐずと先延ばしにしたところで意味はないぞ
と言うお告げに違いない!ってことで
おニュー(死語)のパソコンで早速これを書いています。

現実の世界で
映画や本について話せる友人がほとんどいない私にとって
ブログを通じて知り合った皆様との交流は
とても有意義で楽しいものでした。
思い出の詰まったこの場所を
消してしまうのはあまりに惜しいので
ブログは当分の間このままにしておきます。

今日でこのブログの更新は最後になりますが
これまでお付き合いさせていただいた皆様のところへは
これからもお邪魔させていただくつもりでおりますので
その節はどうぞ宜しくお願いいたします。

あくまでも"忘備録"の枠を出ない
独りよがりでムラっ気全開のこの様なブログを
これまで読んでくださった皆様

本当にありがとうございました

d0098286_12521297.jpg


[PR]
# by hasikkoami | 2016-12-11 13:26 | Comments(20)
d0098286_1556284.jpg
公式サイト
2015年 アメリカ
上映時間 122分
監督 ピーター・ランデスマン


挑んだのは、

真実との戦い






今月はいつもに増して地元の映画館で観たい作品がかからなかった上に
元来の出不精に拍車がかかり、11月の劇場鑑賞はこの1本だけ。
この10年で一番映画館に行かない月だった。

ウィル・スミスはあまり好きではないので(ごめん)
本来ならばスルーするところなんだけど、
(上映館は少ないものの)全国ロードショー作品にもかかわらず
何故か愛知県内では"メ〜シネマ"での上映で料金は一律1100円。
ならば観とこっかな~位の軽い気持ちだったのだが、
これが思いの他、骨太で見応えのある作品だった。


頭部への反復する傷害が原因となる脳の病気である
「慢性外傷性脳症(CTE)」を発見し、
アメフトとの因果関係について言及した、
実在の神経病理学者の物語。

d0098286_15574272.jpg

いや~これほどウィル・スミスぽくないウィル・スミスも珍しいわ。
訛りのある英語と控えめな物腰からにじみ出る誠実さと知性は
まるでデンゼル・ワシントンの様ではないか。
(決してウィルが誠実さと知性に欠けると言ってるわけではない←言ってる)

d0098286_15575537.jpg

皮肉屋だけど、理解ある上司役のアルバート・ブルックスも良かった。

しかし

「慢性外傷性脳症(CTE)」の危険性を訴えてはいても
決してアメフトを否定せず、
むしろリスペクトさえしている誠実な作品にもかかわらず、
本国での興行成績は今一つだったらしい。

結局のところ

「フットボールを女の遊びにするつもりか」

「気に入らんね。聞きたくもない」

これが米国民の本音だと言うことだろうか。

★★★☆

[PR]
# by hasikkoami | 2016-11-29 08:25 | 映画館 | Comments(8)

やっぱゴヤ賞関連はいいわ~♪の10月は
スペイン映画多めの18本。


d0098286_15302346.jpg

『「僕の戦争」を探して 』     <WOWOW> 
2013年/スペイン/109分    
【監督】デヴィッド・トルエバ


ジョン・レノンを愛するスペインの英語教師が、
憧れのレノンに会うためにたどる旅。







またもや邦題に騙された~!
ビートルズファンじゃないので『ジョン・レノンの僕の戦争』の存在を知らず、
てっきり社会派の反戦映画かと思っていた^^;



単なるビートルズオタクだと思っていた(ごめん)アントニオの
ジョンに会いたいその理由が何とも素敵で、
ジョンがそれに応えてくれたと分かる
エンドロールのテロップにまたまた感動~TT

優しくて、ちょっぴり切ない、
とっても素敵なロードムービーだった。

★★★★☆


以下、残りの寸評。
[PR]
# by hasikkoami | 2016-11-23 20:40 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)
d0098286_81015100.jpg
アン・ウォームズリー∥著
向井 和美∥訳
紀伊國屋書店 2016.9

カナダで雑誌記者をしている著者が刑務所の読書会に一年間、ボランティアとして参加した記録。みずからの経験を背負いつつ、さまざまな意見を率直にぶつけていく受刑者たちの、熱気あふれるやりとりを生き生きと描き出す。


ドキュメンタリー映画は好きだけど、本はフィクション専門の私。
最近ようやくチャレンジし始めたノンフィクションだけれど、
先に読んだ「 煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと 」に続いてこれまた大当たり!!

最高に面白かったー!

この読書会で取り上げられている本を全て読みたくなる。
頁を捲る手が止まらなくて、でも読み終えてしまうのが惜しくて。
この読書会が永遠に続いてくれたらいいのに、と思った。
[PR]
# by hasikkoami | 2016-11-17 08:12 | 図書館 | Comments(4)
d0098286_881919.jpg
ウンベルト・エーコ∥著
中山 エツコ∥訳
河出書房新社 2016.9

私たちはすぐ忘れる。そして無関心になる。悪しきジャーナリズムが狙うのはそこだ! ミラノの新聞社を舞台に、陰謀と歪んだ報道にまみれた情報社会をミステリータッチでアイロニカルに描く警鐘の書。

ウンベルト・エーコと言えば「薔薇の名前」(映画は観たけど未読)くらいしか知らないし、
イタリア現代史には疎いし、でどうなることかと思いきや、
200頁ちょっとと短かった所為もあり、意外にサクサク読めた。
それにしても情報操作って簡単なのね。
私なんて絶対踊らされてるよ。怖いわ~
[PR]
# by hasikkoami | 2016-11-17 08:09 | 図書館 | Comments(0)

by hasikkoami