ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「落下する緑」

d0098286_10402236.jpg
田中啓文/著
東京創元社 2005年11月
音楽以外の物事にはあまり興味を持たない天才肌のテナーサックス奏者永見緋太郎。しかしひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。日常の謎連作集。

個人的に大好きな日常の謎物。
探偵役がジャズ奏者と言うことでライブのシーンは臨場感たっぷりだし
ジャズのうんちくもいろいろ出てくる。
私はジャズには詳しくないけれどそれでも充分楽しめた。
ミステリとしては軽めだけど、この前に読んだ作品(↓)があまりにも苦痛だったので
読み易くて後味も爽やかなこの作品は有難かった。
続編もあるようなので早速借りてこよう♪
[PR]
by hasikkoami | 2009-07-07 10:44 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami