ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

映画@お茶の間鑑賞   <6月>

今月は12本中3本がドキュメンタリー。



『ダーウィン・アワード』 2006年/アメリカ 【監督】 フィン・テイラー
最も愚かな方法で死んだ人に贈られる賞「ダーウィン・アワード」を題材にした
ブラックコメディー。
まず実際にこんな賞があるってことが凄い。日本だったら非難轟々だろうな^^;
でこれが本当におバカな死に方ばっかりなんだけど
ウィノナ・ライダーの「でもこの人たちの人生って楽しそうよね。」と言う台詞にも納得できる。
それにメタリカをあんな豪華な使い方してるところにも感動(笑)

『僕の彼女はサイボーグ』 2008年/日本 【監督】 クァク・ジェヨン
冴えない人生を送る青年と未来からやって来たサイボーグ美女の
ファンタジック・ラブストーリー。
綾瀬はるかちゃんの可愛さに釣られてつい見てしまったけど
1987年生まれ(by Wiki)のジローの子供時代の回想シーンが
昭和30年代なのはいくら何でも酷すぎる^^;


『黒い家』 2007年/韓国 【監督】 シン・テラ
保険会社の査定員が、ある案件に不審を抱いたことから
底なしの恐怖に突き落とされていくさまを描く戦慄ホラー。
「兎にも角にも大竹しのぶ」な日本版に比べ、こちらはきちんと正統派?のホラーと言う感じ。
とことんグロいところも韓国風。

『最高の人生の見つけ方』 2007年/アメリカ 【監督】 ロブ・ライナー
自分本位な富豪の男と実直な自動車整備士が
ともに末期のガンで余命6ヵ月と宣告されたのをきっかけに
死ぬ前にやり残したことを実現しようと2人で病院を抜け出し冒険の旅に出る。
「世界一の美女にキスする」はよかった。それとエドワードの秘書がいい味出してる。

『バンテージ・ポイント』 2008年/アメリカ 【監督】 ピート・トラヴィス
大統領狙撃の瞬間を目撃した8人の異なる視点から
暗殺事件の真相に迫るサスペンス・アクション。
バーンズのドライビングテクニック凄すぎ!絶対SP辞めてスタントマンになるべき(笑)
でも他のSPはあんなに弱くていいのか?^^;
テロリストがあの子一人の為に作戦棒に振るわけないじゃん!と突っ込みつつ
90分と時間も短いし最後まで飽きずには楽しめる。

『王妃の紋章』 2006年/中国/香港 【監督】 チャン・イーモウ
北京五輪の開会式そのまんま。あまりにキンキラ過ぎて目がチカチカ。

『HOME 空から見た地球』 2009年/フランス 【監督】 ヤン・アルテュス=ベルトラン
世界環境デーの2009年6月5日に世界同時公開された
リュック・ベッソン製作のドキュメンタリー。
人類は地球に取り付いたウイルスだ。
宿主である地球が滅びればウイルスもまた生きていくことは出来ないのに
増殖を止めることが出来ない。

『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』 2006年/イタリア 【監督】 マリオ・カナーレ
2人の娘やヴィスコンティ、フェリーニなど30人もの映画人たちの証言と映像によって
語られるマルチェロ・マストロヤンニのドキュメンタリー。
”粋”と言う言葉がこれほどぴったりくる人はいない。

『君のためなら千回でも』 2007年/アメリカ 【監督】 マーク・フォースター
ソ連のアフガニスタン侵攻の際にアメリカに亡命し作家となった主人公が少年時代に犯した罪を償うためタリバン独裁政権下のアフガニスタンに帰郷する。
アミールの父親の言葉が印象的。
「盗みほど卑劣なことはない。男を殺せば、 それは男の命を盗むことになり
男に妻がいれば、その妻から夫を盗むこと、子供がいれば父親を盗むことになる。
嘘をつくのは、誰かの真実を知る権利を盗むこと
人を騙すのは、公平さへの権利を盗むことになる。」

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』 2007年/イギリス 【監督】 エドガー・ライト
優秀すぎるがゆえに同僚たちの反感を買い、
のどかな田舎町サンドフォードの警察署に左遷された勤勉な警察官を描くコメディ。
大好き!いかにもイギリスなブラックさが最高!

『クローバーフィールド/HAKAISHA』 2008年/アメリカ 【監督】 マット・リーヴス
ニューヨークに突如現れた“未知の何者か”が大規模な破壊を繰り広げる
SFパニック・アクション。
劇場で観なくてよかった。絶対酔ってるわ^^;
それにしてもハッドがウザい^^;(最後はかわいそうだったけど)

『誰が電気自動車を殺したか?』 2006年/アメリカ 【監督】 クリス・べイン
従来のガソリン車に代わる地球環境にも優しいエコ・カーとして、期待を担いつつ登場しながら、いつしか姿を消した電気自動車の謎に迫るドキュメンタリー。
とても面白かった。2006年の作品だけど今見るとまるで「GM破滅への道」。
[PR]
by hasikkoami | 2009-06-30 15:20 | お茶の間鑑賞 | Comments(4)
Commented by sala at 2009-07-06 09:01 x
あみさん、おはよう!
今月は少なかったのですね。でも読書がマメだから。
サイボーグ、あの古臭いセピアはおかしいでしょ(笑)
私の子ども時代より古臭かったです。
郡上ロケのシーンなんですけど、あんなイメージなんでしょうかね。
クローバーフィールド・・・映画館では地面や足元がぐらぐらしてました。
映画館でなくてよかったですよ。
あの斬新な撮影方法がリアルでいいのか、健康に悪いのか・・・よくわかんなかった映画です。
ところで受験勉強をしてます?
うちは遊びに一生懸命で、さっぱりなんですけど~行く所がなくて頭痛いですわ(苦笑)
Commented by hasikkoami at 2009-07-07 11:14
★salaさん、
>今月は少なかったのですね。
いいえ、毎月こんなもんですよ。でも確かに今私は読書モードかも(笑)

>あの古臭いセピアはおかしいでしょ
ありえないですよね!あんた一体幾つだよ!?ってジローに突っ込みましたよ!

>郡上ロケ
やはりそうでしたか。実は以前salaさんにお聞きした時何故か『サイボーグでも大丈夫』と勘違いしていて「あれ?そんなシーンあったっけ?」と思っていたのですが、今回これを見て「あーこっちだったか」と気が付きました(遅い^^;)
確かに郡上は昭和の香りのいい雰囲気ですよ。

>クローバーフィールド
salaさんは劇場でご覧になったのですね。臨場感は凄いでしょうが身体には悪そうですよね^^;

さて最後に・・・
>受験勉強をしてます?
全然してません!(きっぱり!)
うちは二学期制なので夏休み前にテストも成績表もないので
自分がどれだけヤバイところにいるか本人は全く気が付いてないんですよ(涙)
私が何言ったって馬の耳に念仏だし・・・後で泣くのは自分なのにね~(はぁ~・・・)
Commented by sala at 2009-07-07 17:37 x
ちょっとお茶タイムにお散歩途中です。
郡上ロケ、すごく長い時間かけたのに使ったシーンは余りありませんでしたよ。
エキストラの方が朝から夜まで立って待ってた郡上踊りのシーンなんぞ、一瞬でした。気が付かないほどです。
やっぱりギャラは必要だと思う今日この頃(笑)

受験勉強・・・よかった。まだまだエンジンかかりませんよね。
うちも二学期制で明日が懇談(ひぇぇぇぇ~絶叫)
本人は気が付いてますが、やる気がないみたいで。
私も言わないからだけど、まあ自分の人生だから頑張ってください、と言うのみです。
成績は上がらなくてもいいけど、せめて受験勉強に必死になるって姿勢は欲しいんですよ。
はぁ~なのにね。
私だって三年生の時は勉強したのに~(はぁ~・・ため息)
ちょっと愚痴言わせてもらいました。
Commented by hasikkoami at 2009-07-08 09:55
★salaさん、
>郡上踊りのシーン
えー!朝から夜までですか!?なのにあれだけって・・・悲しいですね(; ;)
やはりsalaさんクラスになったらギャラは貰わないといけませんよ(本気)

>受験勉強
そちらも二学期制ですか。こちらの懇談は夏休みに入ってからですが、そこで現実を見せられても本人が受け入れるかどうか疑問です^^;

>せめて受験勉強に必死になるって姿勢は欲しいんですよ。
そうなんですよー!帰宅すればすぐPCに張り付いて、自室に篭れば音楽聴いてるか寝てる・・・そのくせ「俺だって頑張ってるんだー!」とくる・・・ほんとにはぁ~~~です。。。
成績云々よりもこの態度にストレスが溜まって毎日胃が痛いです。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami