ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「ことば汁」

d0098286_10213945.jpg
小池昌代/著
中央公論新社 2008年09月
モノクロームの日常から、あやしく甘い耽溺の森へ。詩人につかえる女、孤独なカーテン職人。魅入られた者たちが、ケモノになる瞬間—川端康成文学賞受賞の名手が誘う幻想の物語六篇。


6篇の内5編は中高年の独身女性が主人公。
(独身ではないけれど)まさしく今、彼女達の領域に足を踏み入れた私には
彼女達の気持ちはとても現実的で痛いくらいに生々しくて・・・
それでいて夢を見ているように幻想的で・・・何とも不思議な感じ。
[PR]
by hasikkoami | 2009-04-08 10:12 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami