ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「タルト・タタンの夢」

d0098286_10225636.jpg
近藤史恵/著
東京創元社 2007年10月
カウンター七席、テーブル五つ。下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルのシェフは、十年以上もフランスの田舎のオーベルジュやレストランを転々として修行してきたという変わり者。無精髭をはやし、長い髪を後ろで束ねた無口なシェフの料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんなシェフが、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。定連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか?甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は?フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか…。

私は普段は断然和食派でフランス料理やイタリアンなどは料理番組などで見てもあまり食べたいとは思わないのだが、今回ばかりはフランス料理が食べたくなった。
謎解きもシンプルで読みやすいし、是非続編を書いて欲しいなぁ。
[PR]
by hasikkoami | 2009-04-08 10:08 | 図書館 | Comments(2)
Commented by MILAN at 2009-04-16 11:14 x
はじめまして。時々こちらにはお邪魔して楽しく拝見しています。
「タルト・タタンの夢」は私のお気に入りの1冊でつい嬉しくてコメントさせていただきました。
続編はありますよ。「ヴァン・ショーをあなたに 」です。
是非読んでみてくださいね。
Commented by hasikkoami at 2009-04-16 20:51
★MILANさん、
はじめまして。コメントありがとうございます^^

おお!すでに続編があったのですね!
不勉強でお恥ずかしいです(汗)教えてくださってありがとうございます。

>「ヴァン・ショーをあなたに 」
タイトルだけでもワクワクしますね~。
実は私は赤ワインは苦手なのですが、この本を読むとヴァン・ショーを飲んでみたくてたまらなくなりますね(笑)
名前
URL
削除用パスワード