ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ベンジャミン・バトン』 

d0098286_19543424.jpg
公式サイト
2008年 アメリカ
上映時間 167分
監督 デヴィッド・フィンチャー


話題性は十分だけれど、デヴィッド・フィンチャーの最近の作品が個人的に不発なこともあり観に行く気はなかったのだが、友人とのランチの約束が急遽キャンセルになったので・・・が!これが予想外に面白かった。





『フォレスト・ガンプ』の二番煎じ感は否めないけれど(脚本が同じエリック・ロス)
それでも167分と言う長さを感じさせない物語としての面白さがあった。
それにファンでもないのに何故かブラピの出演作はほとんど見ているのだが今回初めて
(CGとは言え)輝くばかりに美しい10代のブラピに危うく心を奪われそうになった(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2009-02-28 20:05 | 映画館 | Comments(4)
Commented by nanako_konana at 2009-02-28 23:21
じんわりと心にいつまでも残る作品でした。『フォレスト・ガンプ』と同じ脚本家だったのですね。私は映画についてはほとんど知らないので監督も???で、唯一知っていたブラッド・ピットも考えてみたら映画を観たことがなかったのです。でもなんだか惹かれるものがあって初日に観に行ってしまいました。体調がとてもいいときをねらえばもう一度観られそうな気がします。
Commented by sala at 2009-03-01 19:03 x
あみさん、私もどうも匂ったので見逃しそうでしたけど、よかったのですね。
ブラピは本当若々しいですね。
私も彼の作品はほとんど見てますが、毎回美しいなぁ~と思ってましたが、それだけで~(笑)
心を奪われるのね・・・(めもめも)
2作品控えてるので見たら、また来ます!
Commented by hasikkoami at 2009-03-01 20:13
★nanakoさん、
観てる間、何か『フォレスト・ガンプ』と似てるな~と思っていたら後で脚本家が同じだと知り、なるほどな~と思った訳です。

ベンジャミンとデイジーがよかったのはもちろんですが
彼と関わった人たちもとても魅力的でしたね。
私は特にクイニーママと海峡横断のエリザベスが印象に残っています。
人が生きて死んでいくことの意味を考えさせられましたが
決して重くなり過ぎてないところもよかったです。
Commented by hasikkoami at 2009-03-01 20:14
★salaさん、
>毎回美しいなぁ~と思ってましたが
実は私、これまでそう感じたことが無かったんですよ^^;

>心を奪われるのね・・・(めもめも)
いえ、そうになっただけです(笑)
それに美しいブラピはかなり後半にならないと出てきませんから
ブラピファンには逆に辛いかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード