ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『キャラメル』 

d0098286_1044732.jpg
公式サイト
2007年 レバノン/フランス
上映時間 96分
監督 ナディーン・ラバキー


小気味良い音と共に鍋に注ぎ込まれた砂糖が
沸々と煮えたぎり、やがて飴色に変化して行く
艶やかに輝く滑らかなキャラメルは
まるで彼女たちの人生そのもの
熱く、甘く、ほろ苦く
暫しの痛みを彼女たちに残して行く



美容室オーナーのラヤールは不倫の恋に振り回され仕事に身が入らない。
店員のニスリンは秘密を抱えたまま結婚を間近に控え、リマは美しい顧客に心惹かれている。常連客の売れない女優ジャマルはオーデションを受け続けるが上手く行かず
店の向かいで仕立て屋を営むローズは年老いた姉と二人暮し・・・

ベイルートの小さな美容室に集う5人の女性達が抱える悩みは
日本人の私達にも共通するものだけれど
結婚証明書が無ければホテルの部屋一つ借りられず
結婚式を前に婚約者に内緒で処女膜再生手術を受けなきゃならない
レバノンの女性達って本当に大変だ。
それでも彼女たちは明るく逞しく美しい。
これまであまり馴染みのなかったレバノンと言う国の女性達に親近感が湧いてくる。
[PR]
by hasikkoami | 2009-02-16 10:35 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード