ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

映画@お茶の間鑑賞   <1月>

1月のお茶の間鑑賞映画(初見)は wowow12本、DVD1本の計13本。



『転々』 2007年/日本 三木聡
三木聡監督は『亀は意外と速く泳ぐ』『イン・ザ・プール』の2本は見たものの
可もなく不可もなく・・・って感じだったんだけれど
これは何かもう全てがツボと言うか、とにかく滅茶苦茶好き!

『アイ・アム・レジェンド』 2007年/アメリカ 【監督】 フランシス・ローレンス
全く期待せずに見たので(だったら見なきゃいいのに^^;)そこそこ面白かった。
サム(犬)の名演技が泣ける(T T)

『俺たちフィギュアスケーター』 2007年アメリカ 【監督】 ウィル・スペック
くだらないけど面白い。夜中に一人で大爆笑!
でもオリンピックメダリストにあんなことさせていいの?(笑)

『onceダブリンの街角で』 2006年/アイルランド 【監督】 ジョン・カーニー
地味だけど見た後優しい気持ちになれる作品。
音楽も素敵♪

『神さまは太陽のあたたかさ 』 2007年/アメリカ 【監督】 スティーヴン・トルキン
正直作品としてはいま一つだけど
おばあちゃんになってもゴージャスでかっこよくていい女♪
のジーナ・ローランズの存在感は抜群!

『花よりもなほ』 2006年/日本 【監督】 是枝裕和
加瀬亮は好きな俳優ではあるけれど
これまで、かっこいい♪とか思ったことはなかったんだけど
今回初めて思ったかも・・・そで様素敵♡(笑)

『やわらかい手』 2007年/ベルギー/ルクセンブルク/イギリス/ドイツ/フランス 
【監督】 サム・ガルバルスキ
温かくって優しくって元気が出る素敵な作品。
ただストーリーを人に説明する時は注意が必要かも(笑)

『エンジェル』 2007年/イギリス/ベルギー/フランス 【監督】 フランソワ・オゾン
往年のハリウッド映画 にオマージュを捧げた作品、ってことで
華やかな衣装やセットなどいかにもそれっぽいのだけれど
いくら何でもあの見え見えの合成シーンまでマネすることはないでしょ~^^;
でもロモーラ・ガライの”イタイ女”熱演は素晴らしかった。

『恋の罠』 2006年/韓国 【監督】 キム・デウ
アン・ネサン素敵~♡
キム・ルェハ切な過ぎ~(T T) ・・・以上!(笑)

『アイデンティティー』 2003年/アメリカ 【監督】 ジェームズ・マンゴールド
面白かった~!いかにもB級っぽいんだけど
脚本はしっかり練られててラストまでグイグイ引っ張っていかれた。
ただタイトルですでにネタバレ、ってのはどうなの?^^;

『卑劣な街』 2006年/韓国 【監督】 ユ・ハ
映画のアクションシーンでミノがアクション監督に
「かっこよすぎるんです。回し蹴りはやめましょう」と言った時は笑った。
そうそう!回し蹴りするヤクザなんて韓国映画くらいだよ(笑)
作品としては黒社会に生きる男達の虚しさが出ていてなかなかよかった。

『夕凪の街 桜の国』 2007年/日本 【監督】 佐々部清
静かだけど強烈な反戦メッセージが伝わってくる。
とにかく麻生久美子が素晴らしい。


これまであまりに節操のない作品選びをしてきたので
今年はそれを防止する意味で
見た作品はたとえ一言でもいいから感想を残すことにしたのだが・・・
あまり効果はないかもなぁ・・・^^;
[PR]
by hasikkoami | 2009-01-31 12:36 | お茶の間鑑賞 | Comments(6)
Commented by ryomom at 2009-01-31 20:24
『卑劣な街』 DVDで見ました。
『宿命』のサンウもそうだったけど、チョ・インソンの尋常じゃない
キレ方がちょっと... キレないと家族思いのいい人なのに。
韓国映画でのヤクザってそういう設定が多いんですかね。

『やわらかい手』には興味津々です。
主役の女優さんって、ミック・ジャガーの元カノらしいですね。
Commented by mario5846 at 2009-02-01 22:25
さすが、あみさん。相変わらずたくさんご覧になっていますねぇ。私なんてDVDで5本かな^^;

「恋の罠」はあみさんが同じ反応で嬉しいです(笑)。「花よりもなほ」はたしか1年以上デッキのHDDの中で待機中でした^^;やはり、岡田くんじゃなくて加瀬くんですね(笑)。1度後回しにしてしまうと、なかなか観るきっかけがなくてそのままになってしまうことが多いのですが、「卑劣な街」もそういえばずっと寝かせっぱなしです^^;
Commented by hasikkoami at 2009-02-01 23:56
★ばーちゃんさん、
>キレないと家族思いのいい人なのに。
>韓国映画でのヤクザってそういう設定が多いんですかね。
やはり家族を大事にするお国柄だからでしょうか。
でもビョンドゥが「俺はヤクザだけど悪い人間じゃない」って言った時は、無抵抗の人間を殴り殺すのはどう考えても悪い人間だろう!って突っ込みましたけど^^;

『やわらかい手』はかなりお薦めですよ~!
>主役の女優さんって、ミック・ジャガーの元カノらしいですね。
波乱にとんだ半生を送ってきた方らしいですね。
私はこの作品がお初だったのですが、「峰不二子」のモデルになったと言われる若い頃の作品も見てみたくなりました。
Commented by hasikkoami at 2009-02-02 00:05
★marioさん、
>「恋の罠」はあみさんが同じ反応で嬉しいです(笑)
これ以外の感想は毒吐きになってしまいそうだったもので・・・^^;
でもほんとアン・ネサンは素敵でしたね~♡
適度にたるんだお腹がこれまたわたし好みでした(爆)

「花よりもなほ」はなかなかよかったですよ。
でも岡田くんはどうも私の好みにはまるで引っかからないタイプのようで、あまり記憶に残ってないんですよ^^;
Commented by nakaenoguchi at 2009-02-02 21:36
すごいですねぇ。1ヶ月でこんなに観たの?
私は衛星放送に入ってないし、そもそもTVの状態が悪くて(未だにモノラルのTVを使っている)あまり観てないせいもあるんですが、1月はほとんど日本に居たというのに、観た映画って、ほんの数本です。
Commented by hasikkoami at 2009-02-03 22:57
★なあごさん、
今年こそ少数精鋭で行こうと決心したのですが
劇場で見逃した作品があるとついつい録画してしまうんですよ~^^;
それに10本位は見ないとwowowの元をとった気がしないので(ああ、貧乏症がここにも・・・^^;)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。