ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「平成大家族」

d0098286_0121027.jpg
中島京子/著
集英社 2008年02月
72歳の元歯科医・緋田龍太郎が妻の春子、妻の母のタケ、ひきこもりの長男克郎と暮らす家に、事業が失敗した長女逸子の一家3人、離婚した妊婦の次女友恵が同居することに。にわか大家族になった緋田家の明日は・・・!?
家族それぞれ目線から語られる連作短編集。

4世代同居の8人(後に9人)家族・・・確かに今時あまり見かけないけれど
この作品ではその大家族にならざるを得なかった理由が
ひきこもり、自己破産、離婚、と言うあたりはとても現代的で
案外こう言った理由で親元で暮らしている人って多いのかもしれない。
そんな様々な現代の社会問題さえも、ほのぼのとしたユーモアに包まれて
まあ、そのうち何とかなるさ~と大らかな気持ちにさせてくれる。
もちろん現実はこんな風に都合良くは行かないだろうけどね(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2008-12-26 00:13 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード