ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

藍色宇宙 ~『藍宇』メイキング~

映画『藍宇』を検索すると、そのメイキングを絶賛する声が多い。
私も映画のメイキングを見ることはあるけれど
それはただ好きな俳優や監督の姿が見たい、と言うミーハー的な目的であって
メイキングによってその作品への理解を深めようなどと言う気持ちは全くない。
映画は所詮本編が全てであって、むしろそれ以外で補足されることが嫌なのだ。
だから個人的にはメイキングの存在価値をあまりと言うか
ほとんど認めてはいないのだけれど
それほど絶賛されるメイキングとはいかなるものなのか?と気になり
結局DVDを買ってしまった。
40分弱のメイキングの為に4000円・・・言ってる事とやってることが違うぞ、私^^;

しかし確かにそれだけの価値はあった。
これだけでも一つの短編映画として通用するのではないかと思うほどの完成度で
下手をすると本編より感動的かもしれない。
本編では時間の経過が唐突な所為で
藍宇と悍東の心の動きや背景にいまひとつ解り難い部分もあったが
メイキングではそれを補うモノローグも挿入されていて彼らの想いが一層強く伝わって来る。

・・・でもこれってやっぱり本末転倒だよね。
これほど素晴らしいメイキングが作れるのであれば尚更
本編だけでこの思いにまで持って行って欲しかった・・・と思う。
[PR]
by hasikkoami | 2008-11-30 01:09 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami