ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『真木栗ノ穴』

d0098286_15183953.jpg
http://makiguri.com/
2007年 日本
上映時間 100分
監督 深川栄洋


鎌倉の古びたアパートに住む
売れない小説家真木栗勉(西島秀俊)は
ある日部屋の壁に小さな「穴」を見つける。
時を同じくして隣の部屋に
白い日傘を差した女(粟田麗)が引っ越してくる・・・




『狼少女』の深川栄洋監督と言うことでかなり期待して観たんだけど
期待を裏切らない面白い作品だった。
前半コメディ、中盤ホラー、そして最後は切ないラブストーリー
こう書くと何か滅茶苦茶みたいだけど、全然そうじゃない。
色々な要素が入っているのに決して散漫になってなくてしっかりと一つの作品になっている。
それから西島秀俊にこれほどコメディの要素があるとは思ってもいなかった。
もうやる事なす事笑いを誘い、彼の新たな面を見た感じ。
[PR]
by hasikkoami | 2008-11-15 15:23 | 映画館 | Comments(4)
Commented by mario5846 at 2008-11-16 19:03
あみさん、ご覧になったのですね。最近日本映画に傾きつつある私としても当然これ気になってはいるのですが、スケジュールの都合がつきそうにありません。残念ながらDVDになるまで楽しみに待ちたいと思います。

予告もそうですが、公式サイトのギャラリーの写真も非常に繊細で美しいですね。思わず引き込まれてしまいました。
Commented by hasikkoami at 2008-11-16 22:21
★marioさん、
>公式サイトのギャラリーの写真
本編の映像も綺麗でしたが、これはちょっと反則じゃない?って位美しく載ってますね(笑)
西島秀俊以外の俳優さんたちも皆いい味出してますし、DVDになったら是非ご覧くださいね、個人的には非常にお薦めです!^^
Commented by 一般市民 at 2008-11-17 19:08 x
実は私もこれ観にいきました^^
>しっかりと一つの作品になっている。
本当にそう思いました。気づいたら引き込まれていたというか。
映画館の中でその世界を疑似体験したような気持ちになりました。
西島さん最近のドラマだと方言なまりのある面白い役柄が少し続いた気がしたんですけど、いろいろなお顔があるんですね~。公営で放送しているドラマの裁判官役も好きですわ♪
あとほか役者陣も好きな人が多くて、にやりとしました(笑)
Commented by hasikkoami at 2008-11-18 19:21
★一般市民さん、
>私もこれ観にいきました
ええ、存じてます(笑)

>映画館の中でその世界を疑似体験したような気持ち
まるで自分が覗いているような気分でしたよね。

西島さん、最近コミカルな役も多いのですか?
私はドラマは全くと言っていいほど見ないので、この作品の前に見た西島作品は「休暇」でしたからそのギャップたるや・・・って感じです(笑)

>あとほか役者陣も好きな人が多くて、にやりとしました(笑)
個性的な脇役陣でしたよね。私はやっぱり置き薬屋くんかな(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。