ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「八日目の蝉」

d0098286_16303171.jpg
角田光代/著
中央公論新社 2007年3月

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。


作品は不倫相手の子供を誘拐した女の逃亡生活を描く第1章と、誘拐された子供のその後を描く第2章に分かれている。1章では、許されないことだとは分かっていながらも、つい誘拐犯の女に感情移入してしまい、「逃げて!逃げて!」と祈るような気持ちになったのだが、2章では、そんな風に思った自分が許せないほど胸が痛くなる。そしてその胸の痛みに柔らかな光を当ててくれるようなラストシーン。久しぶりにのめり込むようにして読み終えた。
[PR]
by hasikkoami | 2008-09-07 16:31 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード