ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ザ・マジックアワー』

d0098286_1395058.jpg
公式サイト
2008年 日本
上映時間 136分
監督 三谷幸喜

その余りにも過剰なプロモーションに(舞台挨拶で監督ご自身も仰っていたような)”うんざり”どころか嫌悪感すら抱き始め、日に何度も見る監督の姿に露骨に眉をしかめる私に、子供たちからは「あれ?お母さん、この人(三谷監督)好きじゃなかったっけ(・_・)?」と不思議がられ、もういっそ観に行くことすらやめてしまおうかと思っていたのだが・・・


やめなくてよかったーーー!!!
もーー本当に面白かった♪

笑いの涙にハンカチを使ったのは久しぶり♪
それに私が今まで三谷監督の映画を観ていて、ずっと心に引っかかっていたものを一掃してくれた。これまでの作品ももちろん面白かったんだけど、どうしても「これが舞台だったらもっと面白いだろうに・・・」と言う思いが消えず、映画好きとしては少し寂しい気もしていた。
だから今回の様に全編監督の映画への愛に溢れた作品を観られたことが何より嬉しかった。
ああ、三谷監督!これからはあなたがどんなに露骨なプロモーション活動をしたとしても我慢しますうんざりしたりしません。今夜の「金曜プレステージ」も明日の「古畑中学生」も必ず見ます。あ゙~~も~~鬱陶しい!!なんて思ったりして本当にごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by hasikkoami | 2008-06-13 13:15 | 映画館 | Comments(8)
Commented by reika at 2008-06-13 19:56 x
私も今日見て来ましたー☆
面白かったですね~。終始「クスクス」笑って。
時々「ドカ~~ン」と笑いました。(大人なのに変な感想しか述べられぬ)(涙)
先週からイヤって程、三谷監督の顔を見てお腹一杯だったのですが
おかわりしたいくら面白かったです。

三谷監督のブログに書いてあったのですが
「古畑中学生」の放送内容にマジックアワーを
見た人だけに分かる仕掛けがしてあるそうです。
あみさん、探しっこしません?(爆)
Commented by hasikkoami at 2008-06-13 23:06
★reikaさん、
>お腹一杯だったのにおかわりしたいくらい
何と上手い表現!座布団一枚!(笑)
私もあれだけうんざりしていたのに、今日は相変わらず出ずっぱりの三谷監督に愛さえ感じてしまいました(笑)

>古畑中学生」の放送内容にマジックアワーを見た人だけに分かる仕掛け
そうなんですか!貴重な情報ありがとうございますm(_ _)m
もちろん「探しっこ」には喜んで参加させていただきます!(笑)
Commented by mario5846 at 2008-06-14 16:35
>もういっそ観に行くことすらやめてしまおうかと思っていたのだが・・・
一緒、一緒。もう、ほとんど同じ状態でしたよ(笑)。お願い、やめてーーー!と悲鳴をあげたくなる毎日でした。と言っても、番宣の類は全然見ていませんでいしたが(笑)。

>やめなくてよかったーーー!!!
>もーー本当に面白かった♪
ここも全く一緒です。「なんだよ、心配させやがって。面白じゃないか、コノヤローーー!!」って感じでした。むしろ「有頂天」より面白かったです。

デラ富樫が舞台へのオファーを受けたときに見せる映画人としての拘りなど、随所に挿まれた映画へのオマージュに熱くなりましたが、逆に演劇人三谷幸喜としては意外な気もしました。この作品をチャン・ジンが観たらなんと言うかも非常に興味があります^^

このところ、たてつづけに日本映画を観に出かけましたが、どれもハズレなしなのが嬉しいです^^
Commented by hasikkoami at 2008-06-16 10:20
★marioさん、
ほんと、私達の様なタイプ(一括りにするな!)には、もはや嫌がらせとしか思えないような怒涛のプロモでしたよね(笑)もっとも私も監督が出てくるとTVを切ったり席を外したりとあえて避けていたので番宣ほとんど見てないんですけど(笑)おかげ?で私も「有頂天」より楽しめました。

>演劇人三谷幸喜としては意外な気もしました。
そうなんですよ!私も意外でした。でも監督は自他共に認める映画マニアでもありますし、今回はそんなもう一つの顔が出たのかも知れませんね。

>この作品をチャン・ジンが観たらなんと言うかも非常に興味があります^^
私も興味あります!是非感想をお聞きしたいですね。

「ぐるりのこと」はこちらでは今週末の公開です。木村多江さん目当てで観に行きたいと思っています(笑)
Commented by Sinderella-BM at 2008-06-24 16:50
あみさん、私はあのプロモーションも楽しんでみていましたけどね。
あそこまで出ると喜劇だと思いましたもの。

映画、むちゃくちゃ笑いました。
お客さんは少なかったですけど、それでも皆さん笑ってたかな。
あのセリフの掛け合いは三谷さんらしくって絶妙。
個人的には女優さんに花がなく残念でした。

あの映画館での試写のシーン。
俳優という職業の裏側を見たようで、じんわりきました。
映画人の映画という感じでしたね。
これで前作も見たくなりましたよ。
日本映画も面白いわ。
Commented by hasikkoami at 2008-07-05 23:25
★salaさん、こちらも本当に遅くなって・・・(涙)

>私はあのプロモーションも楽しんでみていましたけどね。
私も特に好きな人じゃなければ楽しめたかも・・・なまじ好きな監督だっただけに許せなくて(笑)

>個人的には女優さんに花がなく残念でした。
そう言えば三谷監督の作品ってえてしてそうかもしれません。
色恋もほとんどないし・・・(笑)

salaさんはあまり日本映画はお好きじゃないようですが、今年の邦画はいい作品が多いような気がしますよ。^^
Commented by nakaenoguchi at 2008-09-03 01:59
公開時に日本に居られなかったのも悔しかったのですが、その前の監督のプロモーション活動をほとんど見られなかったのがもっと悔しかったです。あとで監督のプロモ日記を読んで地団駄を踏みました(笑)。
帰国してからすぐに観に行ったのですが、時差ぼけで最初の15分と最後の30分以外は記憶がありません(それじゃ、1時間半も観てないじゃん!)。デラ富樫がナイフをなめるところはお台場でようやく知りました。
Commented by hasikkoami at 2008-09-04 22:26
★なあごさん、
>監督のプロモーション活動をほとんど見られなかったのがもっと悔しかったです。
え~!?実際にご覧なったらきっと辟易すると思うんだけどな~(笑)
もっとも私も今となってはもっとちゃんと見ておけばよかったかな~なんて思ったりしてますけど(笑)
それにしても時差ぼけで映画はキツかったでしょうね。爆睡するのも仕方ないですよ^^;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami