ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『つぐない』 

d0098286_1151984.jpg
公式サイト
2007年 イギリス
上映時間 123分
監督 ジョー・ライト

少女のついた嘘によって引き裂かれ翻弄される身分違いの男女の物語、と言う一見陳腐な古典的メロを安っぽくならずに描いていてよかったと思う。尤もタイトルからも分かるように本当の主人公は引き裂かれた二人ではなく、引き裂いてしまった少女なので甘いメロになりようがないが。しかし前半のスリリングで緊張感溢れる面白さに比べ、後半の失速が気になった。何より13才のブライオニー役のシアーシャ・ローナンのあの年齢特有のガラス細工のような透明感や脆さ、危うさが素晴らしかっただけに、ロモーラ・ガライ演じる18歳のブライオニーは正直ショックだった・・・
いや、決してロモーラ・ガライが悪い訳じゃなくて、あまりに違いすぎるでしょ!?この二人!
いくら5年後と言ってもあんなにデカくなるなんて・・・(ジェイムズ・マカヴォイよりデカいなんてありえないでしょ!)髪型とほくろが同じ分、かえって違和感を感じてしまった。晩年役のヴァネッサ・レッドグレイヴ のイメージが13歳のブライオニーに近かった(こちらも背は高かったけど)だけに余計残念だった。
あ、それからタイトルは同じ意味でも『贖罪(原作の邦題)』にして欲しかったぁ。
『つぐない』だとどうしてもテレサ・テンになっちゃうんだよねぇ・・・
せめて漢字で『償い』とか・・・でもそれじゃさだまさしになっちゃうか・・・(^^;)
[PR]
by hasikkoami | 2008-05-02 11:53 | 映画館 | Comments(6)
Commented by orangechocola_103 at 2008-05-03 01:14
ははは~! 「つぐない」⇒テレサテンですかぁ?
考えもしませんでしたわ。なかなか女性的でしなやかなタイトルだな~と漠然と思ってました。
でも確かに原題のほうがいいに決まってますよね~。きっと女性ウケを考えての「贖罪」<「償い」<「つぐない」だったのでしょうか?邦題決めるひとの心理としては・・(笑)
Commented at 2008-05-03 07:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mario5846 at 2008-05-04 01:29
>でもそれじゃさだまさしになっちゃうか・・・(^^;)
で、久しぶりに聴いちゃいました「償い」を。これ非常に弱いんですよ。最後は号泣していました^^;テレサ・テンの方の「つぐない」も全部歌えてしまうのが恐いです・・・(笑)。

って、映画に全然関係なくてすみませんm(__)m体調が安定してくれないこともあって劇場鑑賞がめっきり減ってしまい、今年に入ってまだ2本しか観に行っていません(韓国では5本観たけど・笑)。
Commented by hasikkoami at 2008-05-04 23:06
★オレンジさん、
>「つぐない」⇒テレサテンですかぁ?考えもしませんでしたわ。
え!?私はこれ以外考えつきませんでした(笑)
でも仰るとおり、女性受けをねらってでしょうね。私の観た劇場でも観客の98%が女性でした。内容は結構ビターなんですけどね^^;
Commented by hasikkoami at 2008-05-04 23:06
★2008-05-03 07:55 の鍵コメさん、
なんと!映写技師!私の憧れですわ!是非是非頑張ってくださいね!

それからこの作品は名古屋まで行きましたよ~!愛知では確かその1館のみの上映じゃなかったかしら?一応アカデミー賞でも話題になった作品だからもう少し上映館が増えるかと思ったのですが・・・^^;
それにうちの近くのワーナーも私の観たい作品はなかなかかからないので、映画より高い交通費(今回は往復2200円也)がつらいです(涙)

>「相棒」
そうそう、判いいらしいですね。でもTV版もほとんど観た事ないんですよね~私^^;
Commented by hasikkoami at 2008-05-04 23:06
★marioさん、
>「償い」
私もこれは非常に弱いです。後半の「ありがたくて、ありがたくて」のあたりで号泣です。それにもちろんテレサ・テンの方も全部歌えます(笑)

それに映画に関係ない話大歓迎です。第一、映画の内容から脱線させているのは私ですし・・・^^;marioさんの精力的な活動報告?は読ませていただいてます。
どうかご無理はなさらずに。^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。