ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「絶体絶命27時間!」

d0098286_1149679.jpg
キース・グレイ/作 野沢佳織/訳
徳間書店 2008年03月
ブルック校に転校してきたばかりの16歳のジョンは、ある雨の朝、まったく知らない二人の男子生徒にカバンを奪われた。やっと見つけたカバンの中には、数学の先生の盗まれた財布が。さらに、学年主任の先生の部屋から重要書類を盗んだ、というぬれぎぬまで着せられ、翌日の昼までに無実を証明できなければ退学、という瀬戸際に、いきなり立たされてしまった。「敵」は学校を仕切っている不良グループらしく、ひどい目にあわされている被害者がほかにもたくさんいるようだ。そくざに反撃に転じ、敵の正体をつかみ、弱みを握ったジョンだが、時間切れまでに、敵のリーダーに打ち勝ち、潔白を証明することはできるのか…?

本好きの長男はやたらと私に「何かお薦めない?」と聞いてくる。
しかし彼と私とは本の趣味が全く合わないので、これまで私が薦めた本は大抵最初の数ページで挫折・・・と言う目に遭ってきた。だったら聞くなよ!って感じなのだがまた性懲りもなく聞いてくる。ならばと、図書館の新刊コーナーで見つけた、タイトルといい、装丁といい、何ともチープで絶対私好みじゃない(笑)この本を彼のために借りてきた。はじめこそ「お!面白そうじゃん♪」とか言いつつ、またもや30ページ程で放置されたまま・・・ーー;もう二度と何も薦めてやらないからな!(怒)しかし読まずに返すのもなんなので代わりに?私が読むことに・・・まあ、児童書なので読み易くてそこそこ面白かったけど、読んだ後でも薦めるかと言うと・・・微妙^^;
[PR]
by hasikkoami | 2008-05-02 11:49 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード