ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『潜水服は蝶の夢を見る』 

d0098286_22441927.jpg
公式サイト
2007年 フランス/アメリカ
上映時間 112分
監督 ジュリアン・シュナーベル

42歳の時、脳梗塞で身体的自由のほとんどを奪われた状態”ロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)”となったフランス版ELLE誌の編集長、ジャン=ドミニク・ボビーが、唯一動く左目の瞬きの合図でアルファベットを綴り書き上げた手記を基にした映画。




いわゆる難病物だが、ユーモアやエロティシズムもあり
変に泣かせようとしてないところがいい(でも泣いちゃったけど・笑)。
それにそのほとんどを主人公の左目からの視点で描いている映像も素晴らしい。
「私はもう自分を憐れむのはやめた。
左目以外にも失われなかったものが二つある。
記憶と想像力だ。」
と言う主人公の言葉も印象的だった。
はじめは「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のパクリ?と思った邦題も
今は仏語や英語の原題『潜水服(潜水鐘)と蝶』より、
ちょっぴり色をつけたこのタイトルの方が合ってる気がする。
[PR]
by hasikkoami | 2008-03-02 23:14 | 映画館 | Comments(6)
Commented by reika at 2008-03-03 14:06 x
コレ見たかったのですが我が地方ではやってません・・・。(涙)
DVDになってからレンタルの予定です。(TヘT;)
Commented by hasikkoami at 2008-03-04 22:52
★reikaさん、
瞬きだけで自分の思いを綴って、且つそれを辛抱強く書き留めた人がいる・・・これってもの凄いことだと思うのですが、全然押し付けがましさがなくて素敵なんですよ。
レンタルになったら是非ご覧になってくださいね。^^
Commented at 2008-03-30 16:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2008-04-08 23:51
★2008-03-30 16:45 の鍵コメさん、
はじめまして。レスが遅くなり大変申し訳ありません。^^;
仰るとおりですね。これが日本映画だったら涙涙の大感動物語になってたでしょうね(笑)

それから「大発作」ですが・・・
評判は聞いてますし、興味もあるのですが残念ながら未読です。
個人的に漫画にこの値段はちょっと勇気がいります(笑)
でももうすぐ私の誕生日なのでプレゼントの候補に入れておきます!
Commented at 2008-04-09 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2008-04-14 15:27
★2008-04-09 23:41 の鍵コメさん、
はい、是非♪
名前
URL
削除用パスワード