ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『アメリカン・ギャングスター』 

d0098286_23281310.jpg
公式サイト
2007年 アメリカ
上映時間 157分
監督 リドリー・スコット

賄賂どころかギャングから金品を強奪さえする腐りきった警察の中にあって、どんな買収も通用しない正義の男たち、と言うとまるで『アンタッチャブル』のケビン・コスナーみたいだけれど、ビシッと決まったアンタッチャブルズとは違い、こちらは酒と女にだらしなく、ちょっと見はそこらのジャンキーよりずっとそれっぽい男たちの集まりってところが面白い。そしてこの一見みすぼらしい男たちがこれまたとんでもなくかっこいい♡最後教会から出てくるフランクを待ってるところなんて危うく惚れそうになったくらい(笑)ストーリーはひねりも何もない単純なものだけれど、これは実話ベースだから致し方ないし、2時間37分を長く感じさせなかったのもお見事。それと・・・エンドロールの後にちょっとしたお楽しみ?があるので場内が明るくなるまでは席を立たないことをお薦めします。
[PR]
by hasikkoami | 2008-02-08 23:34 | 映画館 | Comments(4)
Commented by reika at 2008-02-09 18:30 x
>教会から出てくる・・・
同じくです~。あのシーンでキューンとなりました。(笑)
でも「シンデレラマン」でしたっけ?
あの作品でちょっとメタボちっくなボディになられたのが
この作品でも残っていて少し・・・。(あっ、でもあれがセクシーなボディなんでしょうか?)

エンドロール・・・相方が出ようと言ったので最後まで見ませんでした。
残念です、せっかちな夫を持つモンではありませんね。(爆)
何があったのだろ~~ぅ?
Commented by ryomom at 2008-02-10 00:31
はじめまして、ばーちゃんと申します。
以前からあみさんのブログ、読ませていただいてました。
新しいブログの本や映画の紹介、とても参考になります。

私も先日のレディスデーに観ました。
実年齢よりもかなり若い役を演じていたデンゼル・ワシントンが
とてもかっこよかったです。

ビデオ屋でドリンク無料件をもらったので、
珍しく劇場のドリンクを飲んだら
妙にトイレが恋しくなり、エンドロールのエンドすれすれに
席を立ちました。
結局、お楽しみは背中で受けてしまって (>_<)
慣れないことはするものではありません。

これからもおじゃまします。
Commented by hasikkoami at 2008-02-10 11:05
★reika さん、
そう言えば、ラッセル・クロウってセクシーな男ランキングに選ばれてましたね(笑)この手のランキングって私の趣味とは全く合わないのですが、このシーンの彼だけは(限定かい!)ちょっとふらふら~っとしました(笑)

>エンドロール
私の時もほとんどの方が席を立った後でしたよ。ほんと、男の人ってせっかちですよね~(うちのもそうです)ほんの数分が待てないんですね。だから私は余程のことがなければ夫は連れて行きません^^;
Commented by hasikkoami at 2008-02-10 11:05
★ばーちゃんさん、
はじめまして。コメントありがとうございます。^^

デンゼンル・ワシントンは品があってスマートですよね。若作り?も違和感がなく素敵でした。お陰でどうしても悪人に見えなくて困りました(笑)

>お楽しみは背中で受けてしまって (>_<)
それはなおのことびっくりしたのではないですか?私なら声を上げてしまいそうです(笑)

ひたすら地味な覚書ブログですが、またいらしてくださいね。^^
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami