ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『やじきた道中 てれすこ』

d0098286_1552299.jpg
公式サイト
2007年 日本
上映時間 108分
監督 平山秀行









NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」の影響で只今プチ落語ブームの私(笑)
そもそも昔から漫才より落語の方が好きだったし、
時代劇は子供の頃から大好きなのでなかなか面白かった。
「ちりとてちん」の草原さんが
「人を、気持ちよう、楽しいさせるんが、落語家の仕事や」
と言っていたけれど、まさにそんな映画だった。
ただ漫才より落語が好き、と言っても詳しい訳ではないので
知ってるネタが少なかったのが残念だったかな。
それと、オープニングの「ラプソディ・イン・ブルー」吉川晃司の名古屋弁
と言う映画の本筋とは全く関係のないところが個人的にツボだった、
と言うのはどうなんだろう・・・(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2007-11-30 14:54 | 映画館 | Comments(4)
Commented by orangechocola_103 at 2007-12-01 01:18
わ~!面白かったんですか~? こっちでまだやってるのかしら?
でも演技するキョン2がちょいニガテなので躊躇してしまいます(笑)

「ちりとてちん」面白いと教えていただいて、最近見始めたのですがもう日々の楽しみになりつつあります♪ ヒロインのワンパターンな演技が鼻についてはいますが・・(-"-)(笑)
Commented by hasikkoami at 2007-12-02 16:37
★オレンジさん、
芸達者を揃えて、なんでもない話を、ひねりをきかせず直球で撮ってみました、って感じの映画です(それじゃ「ラジオスター」だよ!笑)
>演技するキョン2がちょいニガテ
そうなんですか。キョン2はあれだけアクの強いメンバーにも負けることなく、いい感じでしたよ。
ただ落語ネタを継ぎ合わせているので、映画全体の流れが今ひとつ、というところもありますが。

>「ちりとてちん」
オレンジさんもご覧なんですね。なかなか面白いですよね♪
>ヒロインのワンパターンな演技が鼻についてはいますが・・(-"-)(笑)
あのワンパターンなところもまた、落語ならではの形式美かも知れません・・・(ほんとかよ^^;)
Commented at 2007-12-10 19:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-12-10 23:38
★12-10 19:45 の鍵コメさん、
えー!松重さんですものエントリーと関係大有りですよー(笑)
しかし・・・いきなり「ハチクロ」でびっくりして、そしてあの語り口!
早速ブックマークさせていただきました(笑)ありがとうございます。
それから「てれすこ」と「ちりとてちん」、ちょっとキャラ被ってますが(時代劇と現代劇なのに・笑)どちらも相変わらずいい味出してらっしゃいますよ。^^
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami