ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『あるスキャンダルの覚え書き 』

d0098286_1136393.jpg
公式サイト
2006年 アメリカ
上映時間 92分
監督 リチャード・エアー




ジュディ・デンチ 、ケイト・ブランシェット
2大名女優の競演!ってことで話題の作品。
確かにこの二人の演技だけでも観る価値あり。
内容も1時間半と言う時間を考えれば
よくまとめられていたと思う。

ただ15歳の教え子と関係を持ってしまうケイト・ブランシェット演じる美術教師シーバには
どうしても共感出来なかった(そりゃ共感したらマズイけど)
幸せな家庭の中にあっても埋めようのない心の隙間は理解出来るし
その隙間に若い男の子から猛烈なアプローチを受ければ
ついフラフラ~っとなってしまう気も分からないでもない・・・( ̄ ̄;)おいおい
しかしその後のシーバの対応はただの愚かな尻軽女にしか見えなかった。
全て自分で招いたことなのに被害者意識バリバリ。
ジュディ・デンチ に向かって「あなたの所為で私は全てを失ったのよ!」と
言い切った時には開いた口が塞がらなかった。
しかし全体的には見応え充分な作品だった。
[PR]
by hasikkoami | 2007-06-21 11:36 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード