ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『インビジブル・ウェーブ』

d0098286_17131040.jpg公式サイト
2006年 タイ/オランダ/香港/韓国
上映時間 115分

監督: ペンエーグ・ラッタナルアーン
脚本: プラープダー・ユン
撮影: クリストファー・ドイル
出演: 浅野忠信
    カン・ヘジョン
    エリック・ツァン
    光石研




国際色豊かなスタッフと出演者。
舞台はマカオ、香港、プーケット。
台詞は日本語、英語、タイ語、広東語。
ここまでくると国際色豊かと言うより無国籍。

冒頭、マカオの湿った空気の匂いが漂ってきそうな
キョウジ(浅野忠信)の部屋のシーンから
いかにもクリストファー・ドイルな色彩とカメラワークで
私としてはすでにここでかなり満足。
船の中でのゆるいユーモア感覚は結構ツボだったし
南国のリゾート地と言う表の顔とは違う
濃厚で湿度感たっぷりのプーケットも
海の底をユラユラと漂っているような浮遊感も心地良かった。
ただストーリーとしては腑に落ちない所が多々あるものの
監督自身が「ストーリーは重要じゃない」って言っちゃってるので(^^;)
それじゃ突っ込みようもないじゃないねぇ。。。
[PR]
by hasikkoami | 2007-06-11 17:16 | 映画館 | Comments(2)
Commented at 2007-07-02 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-07-02 23:54
★07-02 21:54 の鍵コメさん、
はい、爆睡間違いなしかと・・・^^;
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。