ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『モーツァルトとクジラ』

d0098286_010119.jpg2004年 アメリカ
上映時間 94分
監督 ピーター・ネス
公式サイト


一組の男女が出会って恋に堕ちる

そんなどこにでもあるごく普通のラブストーリー

ただ普通とちょっと違うのは

二人がアスペルガー症候群だと言うこと



アスペルガー症候群とは一般的には知的障害の無い自閉症のことで
知的障害が目立たない分、そのコミュニケーション上の障害や突飛な行動から
ただのわがままとかあぶないヤツと言う誤解や偏見を受け易い。

これまで自閉症の人を主人公にした作品と言うと
その視点は家族を含め主に周りの人々に置かれ
どのようにして彼等を理解し受け入れていくべきか、と言うように
感動的だけれどヘタをすると説教臭くなりがちだった。
しかしこの映画にはそう言う所が無く、視点はあくまでも彼等本人。
彼等が悩んだり苦しんだりしながら
自分自身と相手を認め受け入れていく過程が描かれている。

主人公のドナルドが言うように

アスペルガー症候群だって人と係わりたい ー ただ(コミュニケーションが)ヘタなだけ ー

だから傷つけたり傷つけられたりしながら、それでも人を好きになる。

すこしだけ不器用でちょっとだけ遠回り でも、きっと幸せは見つかる
                                  ー 映画の宣伝コピーより ー

いつか我が家の次男(アスペルガー症候群)にもそんな日が来るといいな
[PR]
by hasikkoami | 2007-03-29 00:31 | 映画館 | Comments(13)
Commented at 2007-03-29 21:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-29 23:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-30 11:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-03-30 21:53
★03-29 21:41及び 03-29 23:56 の鍵コメさん、
いえいえとんでもない!仰りたいことよく分かりますよ。^^
私も子供の頃から超根暗な非社交的人間でしたから(笑)
それにお話を聞いているとそれ以外の点でも我が家の状況とよく似てます。
うちの長男も学級委員や児童会役員の常連で、一見私の子供とは思えないほど社交的なのですが、実は結構無理しているらしく、その鬱憤を私に晴らす晴らす(苦笑)私はそれを黙って聞いて慰めてやるほど優しい母ではないので我が家も毎日修羅場です(笑)うちは男の子なのでそのうち血を見るかもしれません(笑)しかしそうやって私とバトルを繰り広げることも彼のストレス発散になっているようで、暴れた?後は少しすっきりした顔してます(笑)
次男に関してはやはり今後のことを考えると不安はつきませんが、手がかかる子ほど可愛いもので、この障害特有の純粋故の不器用さがまた愛しくてたまらないんですよ(笑)
Commented by hasikkoami at 2007-03-30 21:53
★03-30 11:57 の鍵コメさん、
コメントありがとうございます。^^
そんなこと言われると一体どなたなのか推理して見たくなりますね(笑)
>障害も個性
私も最近本当にそう思えるようになってきました。
それにこの映画を見ていると尚更そう感じます。^^
Commented at 2007-04-06 20:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-04-06 23:15
★04-06 20:27 の鍵コメさん、
そうだったんですか!これまでとはまた違って大変なことも多いでしょうが、鍵コメさんにとっても楽しい一年になるといいですね♪
この作品は障害者を描いたと言うより、ちょっと個性的な男女の恋物語、という感じです。説明的な部分がほとんどないので、アスペルガー症候群についてご存知無い方には戸惑う部分もあるかと思いますが、私にはとても自然にうつりましたよ。^^
Commented at 2007-04-10 08:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-04-10 09:48
★04-10 08:58 の鍵コメさん、
あれ?表ってあるけど鍵になってる・・・ってやっぱり鍵かい!(爆)って朝からあたふたしましたよ(笑)

ところで・・・そうなんですよ!
日本だと障害者は家族が支えるのが当然、見たいな風潮がありますけど、アメリカでは自立が当然なんですね。でもこの作品の中でも、同じアスペルガーでも「みんなちがってみんないい」と思える人もいるし「みんなと同じにになりたい」って思ってる人もいる。だから同じ障害を持つもの同士でも対立して傷つけあったりするんですよ。しかしそれでいいんだ、って思います。鍵コメさんも機会があれば是非ご覧になってくださいね。

Commented by hasikkoami at 2007-04-10 09:58
★04-10 08:58 の鍵コメさん、続きです。
うちの長男は「お母さんは○○(次男)ばっかり見てる!」ってはっきり口にします。確かにその通りなので何も言えないんですけど・・・
でも母親だって普通の人間で、聖徳太子じゃないんだから一度に幾つも出来ないのよ!どちらも完璧にしようと思ったらお母さんだって潰れるわ!って正直に言ってます。お互い言いたいこといいあって喧嘩にもなりますけど、それが私たちなりのコミュニケーションだと思って日夜バトルを繰り広げてます(笑)
鍵コメさんもいろいろ大変な時期だと思いますが、またゆっくりお話させてくださいね。^^
Commented at 2007-04-13 15:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-13 15:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2007-04-15 23:20
★04-13 15:49 の鍵コメさん、
こちらこそご無沙汰しております^^;
お返事長くなりそうなので後ほどメールさせていただきますね。^^
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami