ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 プリズン・ブック・クラブ  コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年 」

d0098286_81015100.jpg
アン・ウォームズリー∥著
向井 和美∥訳
紀伊國屋書店 2016.9

カナダで雑誌記者をしている著者が刑務所の読書会に一年間、ボランティアとして参加した記録。みずからの経験を背負いつつ、さまざまな意見を率直にぶつけていく受刑者たちの、熱気あふれるやりとりを生き生きと描き出す。


ドキュメンタリー映画は好きだけど、本はフィクション専門の私。
最近ようやくチャレンジし始めたノンフィクションだけれど、
先に読んだ「 煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと 」に続いてこれまた大当たり!!

最高に面白かったー!

この読書会で取り上げられている本を全て読みたくなる。
頁を捲る手が止まらなくて、でも読み終えてしまうのが惜しくて。
この読書会が永遠に続いてくれたらいいのに、と思った。
[PR]
by hasikkoami | 2016-11-17 08:12 | 図書館 | Comments(4)
Commented by 泰然 at 2016-11-26 19:49 x
初めまして。僕は参加した読書会の紹介でこの本を知ったのですが
hasikkoamiさんと同じく終わって欲しくない読書会でした。刑務所の
受刑者が皆と共通の本を読んで、意見を交わして、と一気読みでした。
僕はフィクションもノンフィクションも読みますが、これは小説並み
の面白さと思いました。
Commented by hasikkoami at 2016-11-27 10:19
★泰然さん★

はじめまして。コメントありがとうございます。

泰然さんは読書会に参加されていらっしゃるのですね。
目下"読書会"が最大の関心事である私には何とも羨ましい限りです。
この作品の中に
「読書の楽しみの半分は一人でする(読む)こと。
そしてもう半分はみんなで集まって話し合うこと。(うろ覚え)」
とあったように、読んだ本について誰かと話すことは、
時に本を読む以上に楽しい行為ですものね。
残念ながら読書会とは縁のない田舎者で、尚且つ人付き合いの苦手な私には
そんな機会は全くと言っていいほどないのですが。^^;

本当に"欲しくない読書会"でしたね。

それから、先ほど泰然さんのブログにコメントしようとしたのですが、
上手く出来なくて。
Googleアカウントじゃないとコメント出来ないってことでしょうか?
PCオンチで申し訳ありません^^;
Commented by 泰然 at 2016-11-27 10:55 x
コメント設定を調整しました、もう一度お願いします(謝)
Commented by hasikkoami at 2016-11-27 11:31
★泰然さん★

お手数をおかけして申し訳ありません^^;
早速伺います!
名前
URL
削除用パスワード