ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと 」

d0098286_815916.jpg
ケイトリン・ドーティ∥著
池田 真紀子∥訳
国書刊行会 2016.8

初めてひげ剃りをした死体のことを、女は死ぬまで忘れない。ファーストキスや初体験以上に…。火葬技師見習いとして就職した初日から一人前の葬儀屋になるまでの日々と、そこから得た哲学を本音で熱く語る回想録。


テーマがテーマだけに、こんな感想は不謹慎かもしれないけれど

いや~面白かった~041.gif

まさしく、涙と笑いの葬儀屋奮闘記。

ただ面白いだけじゃなく、とても哲学的で深い内容でもあり、
今やすっかり火葬文化が根付いている日本人には
驚く様なことや不思議に思えることも多かった。
[PR]
by hasikkoami | 2016-11-14 08:05 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami