ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 淵に立つ 』

d0098286_924654.jpg
公式サイト
2016年 日本/フランス
上映時間 119分
監督 深田晃司


あの男が現れるまで、

私たちは家族だった





ある日突然現れた一人の男によって
崩壊して行く家族の物語。

いや~怖かった~。
ヘタなホラーなんか目じゃないわ...(||゚Д゚)...

d0098286_9121484.jpg

浅野忠信の"棒読み&能面"が
男の底知れぬ不気味さと存在感を際立たせ、
『百円の恋』の安藤サクラに匹敵する
筒井真理子の女優魂も素晴らしかった。

d0098286_912265.jpg

しかし何より私が恐ろしかったのは
前半あまり生気が感じられなかったのに
後半、妙に生き生きとしだした夫が口にした
「ほっとした」と言う言葉。

娘が受けた残酷な運命が
まるで自分の禊(みそぎ)であったかの様に言う、
そのさばさばとした表情に背筋が凍りついた。

まさしく、人の心の深い闇を覗く
"淵"に立たされた気分だった。

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2016-11-03 09:45 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami