ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ブルックリン 』


毎年夏の終わりは開店休業状態の当ブログ
今年も8月の劇場鑑賞分(と言ってもたった3本だけど)の
感想にも手を付けないまま、9月もはや後半
いい加減何とかしないと、このままブログ自体自然消滅ってことになりそう。。。
ってことで、いつも以上にさらっといきます。
(鑑賞後時間が経ち過ぎて、すでに記憶もあやふやだし^^;)


d0098286_1474076.jpg
公式サイト
2015年 アイルランド/イギリス/カナダ
上映時間 112分
監督 ジョン・クローリー


愛が見えない街で、

私は未来を探していた。






1950年代のアイルランドから
ニューヨーク・ブルックリンへやってきた
一人の少女の成長物語

d0098286_14152052.jpg

内気な少女が迷いながらも自らの手で人生を切り開き
自分の本当の居場所を見つけて行く姿に共感したりハラハラしたり。
そして彼女が選んだその道に心からのエールをおくりたくなる。
そんな作品だった。

★★★★


ところで

予告編で使われていたガブリエル・アプトンの"Home" が
まるでこの曲からインスパイアされて
映画が出来たのではないかと思うほどピッタリ!



シンクロ度では
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』の 「 Paradise 」といい勝負だと思う

[PR]
by hasikkoami | 2016-09-19 14:19 | 映画館 | Comments(6)
Commented by bacuminnote at 2016-09-19 16:44
これ、観たい映画です。
”いつも以上にさらっと”でも(笑)アップしてくれはってうれしい。

観たとき、読んだとき、行ったとき・・・いつも(すぐあと)は、頭ん中にことばがあふれかえってるのに(←ちょっと言い過ぎw・・)
時間がたつと「書く」より、つぎの「読む」「観る」に走ってしまうんですよねえ。

あ、こんなとこで何ですがw、
あの検索窓べんりですねえ。今まで、ここのブログで、そして自分の過去記事からさがすときの苦労は何だったんだ!!(おおげさ)
Commented by hasikkoami at 2016-09-20 08:06
★bakuさん★

いつもありがとうございます。

>頭ん中にことばがあふれかえってる

bakuさんのブログを拝読する度に
本当に書くことがお好きなのだなぁと感じます。
それに比べて私は、10年経っても未だに
「私ってばどうしてブログなんかやってるんだろう。
でも書かないと観たこと(読んだこと)すら忘れちゃうからなぁ」
と半ば義務感(何に対して?)で書いてるようなもので
時間が経たなくても「書く」よりつぎの「読む」「観る」に走ってしまってます^^;

それから検索窓、便利でしょ~!
うちのブログの過去記事を検索してくださる奇特な方は
おそらくbakuさんくらいでしょうが、今までご苦労おかけしました(笑)
Commented by ituka at 2016-09-20 15:42 x
アイルランドかブルックリンかで本人は揺れてましたが
どうみても故郷の方に分があり危なかったんですが
でも、ブルックリンの高級デパートにケイト・ブランシェットが現れたら
三つ巴の大団円になってしまったのだろうか?(笑)
Commented by hasikkoami at 2016-09-21 07:56
★itukaさん★

揺れてましたね~。ま、それも無理ないですよね。
渡米前に望んでいたことの全てが手に入るチャンスが目の前ですものね。

それにしても

>ブルックリンの高級デパートにケイト・ブランシェットが現れたら

その無限の想像力は一体どこから沸いてくるのですか?(笑)
Commented by bacuminnote at 2016-12-01 21:01
ああ、よかったぁ! 
(ええ映画みたときは無口になる)
Commented by hasikkoami at 2016-12-02 08:15
★bakuさん★

>ええ映画みたときは無口になる

映画でも本でも音楽でも、本当に心を揺さぶられた時は、そういうものですよね。
名前
URL
削除用パスワード