ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 煉瓦を運ぶ 」

d0098286_8125693.jpg
アレクサンダー・マクラウド∥著
小竹 由美子∥訳
新潮社 2016.5

カナダの街ウィンザーで煉瓦敷きに励む男たち。働き者の高校生がバイトを辞めることになり、リーダー格のトムが皆をバーに誘うが、そこでまさかの事件が…。誰の人生にも起こりうる、瞬間のドラマを切り取った7篇。


本書の著者アレクサンダー・マクラウドの父親である
アリステア・マクラウドは大好きな作家。
(と言いつつ唯一の長編である「彼方なる歌に耳を澄ませよ」は未読^^;)
教職に就きながらコツコツと短編小説を書き、
31年間にわずか16篇という寡黙な作家だった父アリステア。
同じく教職の傍ら書きためた短編集でデビューを果たした息子アレクサンダー。
まさに蛙の子は蛙と言うべきか、父親と切り口やテイストは違うけれど、
根っこの部分ではしっかり繋がっている気がする、期待以上に素晴らしい短編集だった。
これからの作品が大変楽しみではあるが、
どうやら寡作なところも父親譲りらしいので、気長に待つとしよう。
[PR]
by hasikkoami | 2016-08-17 07:45 | 図書館 | Comments(8)
Commented by bacuminnote at 2016-08-17 14:35
amiさーん(と、いつも叫びたくなるw)
もう、どこにコメントいれようかと思うほど。わたしの「読みたい でも まだ読めてない本リスト」そのまんまの連続レビューであります。(「私的読食録」以外。いちばん読みたいのが「煉瓦を運ぶ」と「歩道橋の魔術師」と・・・あ、やっぱりぜんぶやw)
ここんとこ小説から離れてて、読むのに時間と体力(おおげさ)消耗して、あげく容量の小さい頭ゆえ(ぜんたいの容量はかなり大きいのに・・泣)
はれつしそうになったり。でも、もうちょっと涼しくなったらここにあるのぜーんぶ読みたい。あ、吉田修一は考えてみたら「パークライフ」以来読んでなかった・・。
Commented by hasikkoami at 2016-08-18 08:03
★bakuさん★

>読むのに時間と体力(おおげさ)消耗して

全然大げさなんかじゃありませんよ。
私も映画は多少疲れていても観られますが、本はそうはいきませんもん。
本を読むのって一見受動的に見えますが、
実はとても能動的な行為で、それだけ気力も体力もいるってことだと思います。
bakuさんはノンフィクション系の作品を沢山読んでらっしゃるし、
小説にまで手が回らないのも無理ないです。

>「煉瓦を運ぶ」「歩道橋の魔術師」

どちらもいつかbakuさんにも読んでいただきたいな~と思う素晴らしい作品です。
そしてもう1つ・・・
読みながら
「bakuさんお読みになったかしら?もしまだなら、是非読んでいただきたいなぁ」
とずっと思っていたのが「屋根裏の仏さま」なので、
出来ればこれもリストに加えていただけると嬉しいです(笑)
Commented by bacuminnote at 2016-08-18 09:20
amiさーーん(と、またさけぶw)
それそれ。「屋根裏の仏さま」読みたくてだいぶ前に図書館予約入れたのですが、なかなか回ってこなくて。”ああ、まちきれん。もう書いに行こうか~”と思ってたとこなんですよ。このキモチamiさんに読まれてたとは(笑)
と、これ書いて、今日こそ本屋さんに行こう(でも、あるかなあ?)と思いながら図書館チェックしたらあと二人になってました。ううむ。

それから「こんなとこでナンですが」
『名もなき塀の中の王』観ました!
すごい映画でした。amiさんレビューを読まなければスルーしたままやったと思う。おおきに。
激しいのに静か、一見暴力的やのに精神のふかいとこまで届いて。観たあともじわじわ追いかけてくるものがあって。まだ考え中。相方留守時に観たので今回は感想大会できず残念。いつか。
あ、”◯◯っきん”頻発は予想してたけど予想をこえた(苦笑)
Commented by hasikkoami at 2016-08-19 08:04
★bakuさん★

>「屋根裏の仏さま」

そうだったんですか!
絶対bakuさんの網にかかる作品だよな~と思っていたのです。
あと二人!もう少しですね。
ちょうど涼しくなった頃でしょうし、待ちましょう(笑)

>『名もなき塀の中の王』

薦めたものの、何せ暴力描写が多いのでお口に合わなかったら・・・
と少し心配していたもので、そう言って頂けると嬉しいです^^

>激しいのに静か、一見暴力的やのに精神のふかいとこまで届いて

おっしゃるとおり!相方さんとの感想大会は残念でしたね^^;

>”◯◯っきん”頻発は予想してたけど予想をこえた(苦笑)

そうか~!bakuさんが普段御覧になる作品にはあまり出てこない言葉なのですね。
私はあまりに聞き慣れている所為か、それほど多いとは思いませんでした(爆)


Commented by bacuminnote at 2016-08-19 13:32
とか、いひつつ、買い物とちゅう本屋に寄って買ってしまふ・・・うれしい午後がはじまります(笑)
Commented by hasikkoami at 2016-08-20 16:44
★bakuさん★

なんと!すでにお買い上げでしたか!(笑)
感想を楽しみにしております^^
Commented at 2016-08-20 17:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasikkoami at 2016-08-20 18:24
★bakuさん(非公開の意味がない?^^;)★

コメントは何度でも大歓迎ですので、
どうぞお気になさらず、何でも仰ってください^^

しかし、それはまた何たる偶然&幸運なのでしょう!
それにこれは「屋根裏の仏さま」の予約者の話を聞いた時にも思ったのですが、
bakuさんがお住まいのところは皆さん翻訳ものをよく読まれる地域(?)なのですね。
わが町の図書館では、直木賞の受賞作はあっという間に予約が埋まりますが、
翻訳ものを読む人は本当に少なく、それらの本を手に取った時
「え?私がトップバッター?」と思うことがほとんど。
待たずに読めることは有り難いのですが、同時にとても残念でもあるので、
bakuさんのそう言う環境が羨ましくもあります。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami