ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 部屋 」

d0098286_1322786.jpg
エマ・ドナヒュー∥著
土屋 京子∥訳
講談社 2011.10

ぼくはママと住んでいる。知っているのはこの部屋とテレビの世界だけ。なぜならぼくはこの部屋で生まれて一度も外に出たことがないから…。
極限状況を生きる人間の勇気と気高さを描いた小説。

映画『 ルーム ROOM 』の原作。

映画とは違い、こちらはジャックの完全な一人称。
文字は全てひらがなで、文章もたどたどしいものの、
だからこそ尚更、思うまま、感じたままに描かれる"母と子"2人だけの世界。
曇りのない5歳児の目を通して描かれるのは
閉ざされていたからこそ無限であり、境界がないからこそ息苦しい世界の残酷さと複雑さ。
大きさは違えど、我々は皆何かしらの「部屋」に閉じ込められているのかもしれない。
[PR]
by hasikkoami | 2016-08-07 16:56 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード