ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 レジェンド 狂気の美学 』

d0098286_145547.jpg
公式サイト
2015年 イギリス/フランス
上映時間 131分
監督 ブライアン・ヘルゲランド



世界は彼らに跪く






60年代イギリス犯罪シーンのマストアイテム
クレイ兄弟をトムハが一人二役ってことで興味津々

d0098286_1464054.jpg

内容的にはギャング映画というより
双子であるが故の愛想劇と言う感じで
彼らの人格形成に大きな影響を及ぼしたと言われる
母親の出番が少なかったのが
個人的には物足りなかったものの
トムハの魅力炸裂!のトムハ堪能作品ではあった

『ブロンソン』と同じく、どんなに凶暴な役でも
いや、むしろ凶暴な役の方がより母性本能をくすぐられ
"きゅん053.gif"とさせられてしまう(私だけ?)のだから
まさしくトムハ恐るべし!である

d0098286_14144654.jpg
ロニーの恋人役、タロン・エガートンくんも中々よかった
これ位じゃなきゃロニーの恋人は務まらないだろうなぁ045.gif
と思わせるアブナイ奴の雰囲気ぷんぷんで
『キングスマン』では七五三ぽかったスーツ姿もすっかり板についていた

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-07-03 19:23 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2016-07-03 22:40 x
1本の映画で二つのキャラ演じること自体
売れない俳優からすれば羨ましいのに、しかもメッチャカッコいい(笑)
同性のワタシも弟目線で兄を見てました(笑)
もしもジョナ・ヒルが今回の一人二役だったら
ワタシはそちらも興味ありますよ(←なんの話だよ)^^;
Commented by hasikkoami at 2016-07-04 08:11
★itukaさん★

これってギャラは一人分なのでしょうかね(笑)

実際のクレイ兄弟の写真を見ると、レジーの方がややスッキリしているものの
映画ほどの差は感じられないので、トムハの役作りなのでしょうね。

>ジョナ・ヒル

そう言えば先日某作品で彼を見かけましたが、すっかりリバウンドしてましたね。
私はやはりあれ位のぽっちゃり具合の方が好みです(聞いてない)
Commented by kogarinta at 2016-07-06 13:16
こんにちは。初めまして、ここなつと申します。
トムハ、恐るべし!でした。確かに。
もう、めろめろ(死語(笑))になってしまいましたですよ。
あと、タロン・エガートンに気付いた時は結構嬉しかったです。
Commented by hasikkoami at 2016-07-06 21:23
★ここなつさん★

はじめまして。コメントありがとうございます^^

トムハは作品毎にまるで別人に見えますが、
今回は1つの作品でそれをやっちゃうのですから
お見事の一言でしたね。

>タロン・エガートン

トレーラーハウスから出てきた時は
『キングスマン』の子に似てるけどこんなに色っぽかったけ?
と半信半疑だったので、次に出てきたところでは
やっぱあの子だったんだ!?とびっくりでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。