ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 10 クローバーフィールド・レーン 』

d0098286_114092.jpg
公式サイト
2016年 アメリカ
上映時間 103分
監督 ダン・トラクテンバーグ


奴らは
あらゆる
フォームで
やってくる。





2008年の『クローバーフィールド/HAKAISHA』は
お茶の間鑑賞ですら冒頭数分で乗り物酔い状態となり
あえなく脱落した私...^^;
しかし今回は予告をみる限りPOV方式ではなさそうだし
J・J・エイブラムスも「続編ではない」と言ってるし...
ってことでトライしてみました


※若干ネタバレです※


何が何だかわからないうちに
舞台がシェルターに移行する導入部が秀逸

d0098286_1164162.jpg

その後のソリッド・シチュエーション・スリラー展開は
大物制作陣なのに何故か低予算風味が漂っていて
ちょっと『ディヴァイド』を思い出したけど
無い無い尽くしの『ディヴァイド』シェルターと違って
至れり尽くせりのこちらはちょっと楽しそうだな~と思ったのも束の間...

d0098286_11817.jpg

顔はプーチンなのに、めっちゃ善い人!の逆パターンで
名前は Goodman なのに、とんだ○○野郎!だった彼
お片付けの後、途端に身綺麗になった姿に背筋が凍りついたわ...(||゚Д゚)ヒィィィ!

そしてあのラスト

いくら「続編ではない」と言えど
そっち系(?)なのはある程度覚悟していたので
アレが出てきた時は「ほ~っ...」って感じだったけれど
何も知らずに観たらそれこそ
M・ナイト・シャマランの『サイン』並みにズッコケていたろうと思う(笑)

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2016-07-03 19:18 | 映画館 | Comments(6)
Commented by ituka at 2016-07-03 22:31 x
やっぱりこちら側のポスター&チラシの方が謎が残りますし
シリーズとしてルール守ってますよね。
もう一枚のチラシは完全に二つのネタバレしてるし
「なにやってるの?」って感じでしたよ!^^;

>名前は Goodman なのに、とんだ○○野郎!だった彼

プーチンネタのときは爆笑させてもらいましたが
今度は「お~!上手い」と頷いてしまいました(笑)
これも元研究員による繊細さからくるツッコミなんですね^^
Commented by mariyon at 2016-07-03 23:06 x
そうなんです、ダンサーインザ~で吐き気に襲われて以来、
あの手の撮影映画はすべてパスと決めているもので。

シャラマンのサインも、ほんとおいおいでしたが、
こちらは、ポスターが目いっぱいネタバレですものね。

>お片付けの後、途端に身綺麗に
怖かったですね~~(;´・ω・)
結局は。。。ってのは、やめてほしかった。
怪しいけど、ほんとうはただのいい奴にしておいても
良かったと思うんですが。。。
で、シャワーカーテン防御福で襲われるところを
助けて死ぬとか・・・。
そういう、普通のドラマは排除して楽しむところが
この映画の正しい鑑賞法なんでしょうか?
Commented by hasikkoami at 2016-07-04 08:07
★itukaさん★

もう一枚のチラシってあの逃げてるヤツですよね(笑)

私は前作未見なのでむしろネタバレしてくれて良かったかも。
普通のリッド・シチュエーション・スリラーだと思っていたら
ラストは間違いなくちゃぶ台返しでしたよ(爆)

それから私は研究室で働いてはいましたが、
残念ながら白衣ではありませんでした。
もちろん小保方さんの様に割烹着でもなく、単なる作業着。
期待(?)を裏切って申し訳ございません(爆)
Commented by hasikkoami at 2016-07-04 08:20
★mariyonさん★

>あの手の撮影映画はすべてパスと決めている

DVDならそこだけちょっと早送り...とかも出来ますが、
映画館で気分が悪くなったら最悪ですものね。

『サイン』は夫と観に行って、
ズッコケ映画として我が家では未だに語り草になっています(笑)

>怪しいけど、ほんとうはただのいい奴

俳優が俳優だけに、そう思っちゃいますよね。

それにしてもこれをIMAXって...
シェルターがより閉鎖的に感じたりするのでしょうか(笑)
Commented by とらねこ at 2016-07-04 12:20 x
同じタイトルが施されつつ、全然違う方向へ舵切りまくってましたね〜
私は前作の手ブレホームビデオ風映像がかなりキツくて…

そうそう、“そのもの”が出てくるところが、このシリーズならではなのかな、と
SFでは良く分からないように描くのが多かったと思いますが、最近はズバリ造形を見せる瞬間というのが訪れる方が、スタンダードになりつつありますね。
Commented by hasikkoami at 2016-07-05 07:44
★とらねこさん★

>私は前作の手ブレホームビデオ風映像がかなりキツくて…

なんと!とらねこさんですらキツいとなると
私が早々に脱落したのも無理ないですね^^;

>“そのもの”が出てくるところが、このシリーズならではなのかな

確かにそうでなければ、このタイトルにする意味ないですよね(笑)

>最近はズバリ造形を見せる瞬間というのが訪れる方が
>スタンダードになりつつありますね

そう言えばよく目にしますね。
もっとも私はSFオンチで、この手の作品にはとんと疎いので
作品毎の"奴ら"の違いはほとんどわかっていないのですが^^;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami