ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ドリーム ホーム 99%を操る男たち 』

d0098286_11334223.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ
上映時間 112分
監督 ラミン・バーラニ


一人は家族のために

一人は復讐のために 

魂を売った





『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
サブプライムローン問題の内側だとするなら
こちらはその外側と言ったところか。

"魂を売った"と言うコピーや
マイケル・シャノンがブローカー役ってところから
どれだけあくどい所業が繰り広げられるのかと思いきや
私にはカーバーがそれほど酷いヤツには思えなかった。

d0098286_1135328.jpg

もちろん法の目をかいくぐり制度を悪用し
あげくは違法行為まで犯しているのだから十分悪人ではある。

しかし彼の言う

"アメリカは負け犬に手を差し伸べない。
この欺瞞の国は、
勝者の勝者による勝者のための国だ"

もまた真実。

d0098286_19365258.jpg

むしろ、ローンを滞納しておいて
「銀行が(返さなくても)平気だと言った」と責任転嫁したり
「借りたものを返さないのは泥棒と同じ」と言われても
「(ローン返済分で)仕事の為の工具を買っただけ」
と筋の通らない言い訳をし、まるで悪びれるそぶりも無い姿勢に
「いやいや、それは違うでしょ~^^;」と
ナッシュら借りる側の甘さの方が気になった。

きちんと家賃を払っているのに家主が債務者だった為
突然追い出された人たちは本当に気の毒だけど
期限が通達されているにも関わらずローンも払わず
「ま、何とかなるっしょ~」と高を括っていた彼らにも問題があると思う。

d0098286_1937825.jpg

ドキュメンタリーさながらにリアルな強制退去シーンや
公的資金を騙し取るカラクリなどはとてもスリリングで
骨太の社会派作品として大いに楽しめたけれど
ラストのナッシュの選択を甘い絵空事の様に感じ
冷めた目で見てしまった私は
カーバーよりずっと冷酷なのかもしれない。

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2016-04-10 22:22 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2016-04-11 22:44 x
ナッシュが選択したプール付き豪邸は母でなくても引きますよね。
あそこはせめて小ぶりの3LDKクラスにしておかないと(笑)
にしても、マイケル・シャノンの小悪党っぷりは
期待通りで満足しました。

ちなみに、本作と『マネーショート』はもちろんですけど
この2本に『ルーム』を加えて3本セットで観るのも面白いかも。
家から追い出される人、家に閉じ込められる人(おいおい)
Commented by hasikkoami at 2016-04-12 23:05

★itukaさん★

>プール付き豪邸
あれはやり過ぎですよね~。
でも、それまで散々息子に丸投げしておいて、
あっさりお兄さんのところへ行ってしまう
お母さんもどうかと思いますが^^;

それから私の言うナッシュの選択は上の画像のシーンのことです。
またまた私の言葉足らずで申し訳ありません^^;

>家から追い出される人、家に閉じ込められる人
家に食べられちゃう人、の『HOUSE ハウス』(大林宣彦監督)もありますよ(爆)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami