ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ヘイトフル・エイト 』

d0098286_2203140.jpg
公式サイト
2015年 アメリカ
上映時間 168分
監督 クエンティン・タランティーノ


クセもの8人、全員ウソつき。

生き残るのは誰だ!






ワイオミングの壮大な自然とエンニオ・モリコーネの音楽

d0098286_222379.jpg

雪原を走る神々しいまでに美しい馬たち

d0098286_22101927.jpg

その荘厳な光景に
一瞬タランティーノ作品であることを忘れそうになった(笑)
しかし一たび登場人物たちが口を開けば
やはりいつものタランティーノ
あのダラダラしたやり取りがいいですなぁ(笑)

謳い文句の"密室ミステリー"については
ミステリ部分は"禁じ手"連発で ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ でしたが
密室の舞台である"ミニーの紳士洋品店"は
美術監督種田陽平の面目躍如たる素晴らしさ

d0098286_2222404.jpg

小道具の一つ一つにも寸分の隙もなくて
このままドールハウスにして欲しいわemoticon-0115-inlove.gif

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2016-03-12 22:31 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2016-03-13 00:06 x
ジェニファーの例の自己紹介シーンは数年に1本の名シーンですよね。
あれで心持っていかれた男性が多い中、amiさんもでしたか(笑)
動くフィギュアが欲しいとまで思いましたよ(爆)
モリコーネがオスカーゲットしたことで次回作も頼まれたら断れないですよね^^;
次は彼の真髄を大いに堪能してみたいものです。

Commented by とらねこ at 2016-03-13 13:50 x
ドールハウス!その発想の組み合わせは無かった(笑)
今回もまた妙ちきりんな作品でしたが、ジェニファー・ジェイソン・リーが素晴らしかったですね。

ミステリとしてやっちゃ駄目なこと…なるほど。
なんかタランティーノは、近年の作品で特にこうした映画的ルールを飄々と裏切ってくるところありますよね。
ある種、ハリウッド映画の定説や壁を一人で覆えそうとしているようにも思えて。
私には彼を一概に「退屈」の一言で片付けられないのです。
Commented by hasikkoami at 2016-03-13 21:57

★itukaさん★

>あれで心持っていかれた男性が多い中、amiさんもでしたか
はい、私見かけはおばさんですけど、心はおじさんなので(笑)
ホント、あの"ぺろっ"は最高でしたよね。

>モリコーネ
これまではタラちゃんの完全片思いでしたが
ダイヤの指輪ならぬ黄金のオスカー像のプレゼントに
御大の心も多少はなびいたに違いありませんよね(笑)
Commented by hasikkoami at 2016-03-13 22:17

★とらねこさん★

私は小屋の中が映った瞬間から
ドールハウスのことばっかり考えてました(笑)

>ミステリとしてやっちゃ駄目なこと
これは映画としてと言うより推理小説的にはってことですけど
謎解きのところなんて禁じ手中の禁じ手なんですもん(笑)
ま、その禁じ手も含めて楽しめたので結局OKなんですけどね^^

>ある種、ハリウッド映画の定説や壁を一人で覆えそうとしているようにも思えて
なるほど~!とらねこさんの深いタランティーノ愛を感じる言葉ですね。
私なんて、おいおい、クリスティやカーが怒るぞ~位に思ってました^^;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami