ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ザ・ウォーク 』

d0098286_165244100.jpg
公式サイト
2015年 アメリカ
上映時間 123分
監督 ロバート・ゼメキス

命綱なし

一生に一度の

狂った世界を楽しめ




ドキュメンタリー映画の『マン・オン・ワイヤー』は
インタビューと再現映像で構成されていたので
主人公フィリップ・プティが熱く語るのは当然だとして
本作はドラマであるにもかかわらず
またもやフィリップが喋る喋る!
状況説明のみならず自分の心情を懇切丁寧にあ~だこ~だ!
これが自由の女神の上からと言うこともあってか
やたらと芝居がかって見えて
個人的にはかなりウザかった←ヾ(--;)ぉぃぉぃ

d0098286_165449.jpg

スパイ映画さながらの潜入作戦や
CGを駆使した映像はスリル満点だったけれど

d0098286_1655214.jpg

フィリップの饒舌さに比べて
協力した周囲の人たちの気持ちが
いまひとつ見えてこなかったのが不満。。。

d0098286_1654375.jpg

ただ綱渡りの師匠
(ドキュメンタリーには出てこなかったので架空の人物?)
のベン・キングズレーはさすがに巧かった038.gif

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-01-30 17:06 | 映画館 | Comments(4)
Commented by mariyon at 2016-01-30 20:36 x
そうなんです!
ドキドキさ加減では「崖っぷちの男」のほうが、先が見えないぶん
どきどきしました。。。(;´・ω・)

チームとしての成功なんだから、もっと一人一人を取り上げてほしかったです。
ドキュメンタリーのほうは、警官の話まであるんですよね。

たしかに、自由の女神でしゃべるのは。。。ちょっとでした。
(高いところ大好きww)
Commented by ituka at 2016-01-30 22:11 x
メイキング画像のグリーンスクリーン見たら
CGの出来の素晴らしさがホント伝わってきました^^;
普段、サーカスの綱渡りなんて興味もないけど
さすがにこれだけの高さでやるとなると話は別ですよね。

靴底に染み出る鮮血に、あの靴日本でいう足袋なのかな(爆)
Commented by hasikkoami at 2016-01-31 16:29
★mariyonさん★

フィリップの綱渡りって安定感があって優雅な所為か
うっとりと見とれてしまうことはあってもドキドキはしませんでしたね(笑)

>チームとしての成功なんだから、もっと一人一人を取り上げてほしかったです
確かに命を懸けたのはフィリップですが
彼らのサポートがなければ絶対に出来ないことですものね。

>ドキュメンタリーのほうは、警官の話まであるんですよね
そうなんです。それがまたいいキャラでして(笑)
ドキュメンタリーの方も機会があれば是非ご覧になっていただきたいです。

ところでmariyonさんは高いところがお好きなんですか?!
私は足場の安定してないところは1mでもダメです。
絶叫マシンは好きなんですけど・・・←は?
Commented by hasikkoami at 2016-01-31 16:49
★itukaさん★

本当にCG技術の進歩は著しいですね。
もはや何がリアルで何がCGなのか区別がつかない位で
それを素晴らしいと思うと同時に少し寂しくもあったりして・・・
もっとも、本作は既にこの世に存在しないものを描くわけですから
それしか方法はないわけですが。

>靴底に染み出る鮮血に、あの靴日本でいう足袋なのかな(爆)
靴底は結構しっかりした地下足袋風でしたよね?
だからあのシーンにはちょっとやり過ぎ感が否めませんでした^^;
名前
URL
削除用パスワード