ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 白鯨との闘い 』

d0098286_22444179.jpg
公式サイト
2015年 アメリカ
上映時間 122分
監督 ロン・ハワード


伝説の白鯨との死闘。
生き延びる為に、
男たちが下した
“究極の決断”とは――





いや~まんまと邦題に騙されたわ

"白鯨との闘い"は序章に過ぎず
その後が本当の闘いだったとは...

d0098286_22454146.jpg

てっきりハーマン・メルヴィルの
「白鯨」をベースにした作品だと思っていたら
(とか言いながら「白鯨」未読なんだけど^^;)
原作はナサニエル・フィルブリックのノンフィクション
『復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇』
この本の存在すら知らなかったので
映画後半の展開はあまりに衝撃的

そしてもう一つ衝撃的だった、捕鯨の実態
19世紀のアメリカの捕鯨が鯨油目的だったことは
知識として知っていたものの
こうして映像で見せられると
人間の罪深さを見せ付けられる様なその光景に
その後の悲劇が人間の欲望が招いたものに思え
原作本の邦題"復讐する海"こそが
この作品のタイトルに相応しいと思った

d0098286_22455813.jpg

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-01-22 22:51 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2016-01-23 16:48 x
男気溢れるクリスは適役でした。
“ソー”をやってるより遥かに似合っててこういうキャラなら
今後10年は俳優業として生き抜いていくことでしょう(こらこら)^^;
捕鯨船のダメダメ船長との確執なんかあって
メインの捕鯨で互いに信頼しあう関係になっていくハートフルドラマ(おい)だと
序盤では思ってましたが、その後にびっくり!(笑)

クリスの言う「利用できるものは捨てない」に一瞬考えてから
背中が凍り付きました(笑)
Commented by hasikkoami at 2016-01-23 21:40
★itukaさん★

大きな声では言えませんが、実は私、ヘムズワース兄弟が苦手なんですが
(イケメンが苦手なんです)今回は大丈夫でした(笑)
とは言え、やっぱりキリアンの方が好みですが(爆)
オーウェンを見送るマシューの哀しく澄んだ瞳に泣きましたよ;;

>「利用できるものは捨てない」
作家が生き残りに話を聞きに行く点や、
ニッカーソンが話したがらないところなどが、
どことなく「ライフ・オブ・パイ」を連想させて、
途中からひょっとして・・・と思っていたので
このセリフが出た時はやっぱそうだったのかーーー!でした。
名前
URL
削除用パスワード