ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 FOUJITA 』

d0098286_10471282.jpg
公式サイト
2015年 日本/フランス
上映時間 126分
監督 小栗康平


パリが愛した日本人、

あなたはフジタを知っていますか?






私、完全に勘違いしてました
2016年がフジタの生誕130年にあたるから
これもてっきりフジタの伝記映画だと思ってたのよ
(例によって前知識入れずに観たしemoticon-0107-sweating.gif

d0098286_10484335.jpg

そしたらフジタはすでに"パリの寵児"として
ピカソやモディリアーニと"狂乱の時代"を生きていて

d0098286_1049334.jpg

いつの間にか「アッツ島玉砕」を描いていて

気がついたら夫人と共にフレスコ画の中にいて...

結局フジタは、最初から最後まで何だかよく分からない人だった

前半のパリ編はユトリロそのままのパリの街並みにうっとりし
エコール・ド・パリ好きのミーハー的見地でも楽しめたけれど
フジタの画の特徴である"乳白色の肌"の裏側や
やがて日本国籍を抹消するに至る
フジタの苦悩や葛藤が描かれるのでは?
と思っていたので、その点では少々拍子抜け...

確かに鑑賞後に読んだインタビューにも
はっきりと「伝記映画ではない」とあるから
これはこれでありだけど・・・

d0098286_10492251.jpg

後半の日本編はまさに"ザ・小栗康平"で
フジタを観に来たつもりが
小栗監督の美意識を堪能して帰ることとなったのでした

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2016-01-09 10:55 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード