ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間映画鑑賞   <12月>


12月はHDDも大掃除~!の23本。



『 暮れ逢い 』     <WOWOW> 
    2013年/フランス/ベルギー/99分   【監督】パトリス・ルコント
裕福な実業家の個人秘書となった青年と実業家の若妻との秘められた恋
リチャード・マッデン演じる主人公に全く魅力を感じず
絶対夫の方がいいのに~と思うアラン・リックマン好きの私(笑)
・・・★★
『 フランシス・ハ 』     <WOWOW> 
    2012年/アメリカ/86分   【監督】ノア・バームバック
ドジで不器用な27歳女性の等身大の日常
モノクロの所為かアメリカ映画なのにどこかヨーロッパ映画の香り。
フランシスって嫌いじゃないし、見ている分には面白いけれど
友達にいたらちょっと面倒・・・^^;と思ってしまう私は
この作品の登場人物で言うとメリル・ストリープの娘タイプ。
ところでタイトルの『フランシス・ハ』はフランシス・ン(香港人俳優)の様に
普通にそう言う名前なんだと思っていた^^;
・・・★★★☆
『 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/121分    【監督】ジェームズ・ガン
犯罪歴のあるメンバーによって構成された異色のヒーロー集団
「Come And Get Your Love」で踊るスターロード最高070.gif
「I Want You Back」で踊る赤ちゃんグルートも最高056.gif
それでも、やはり私はマーベル物には向いてないってことを痛感させられた^^;
・・・★★☆
『 ある神父の希望と絶望の7日間 』     <WOWOW> 
    2014年/アイルランド/イギリス/101分   【監督】ジョン・マイケル・マクドナー
教会の懺悔室で殺人予告を受けた神父の7日間
とてつもなく不条理で、重くて、衝撃的で、後味も悪いけれど、たまらなく好きだ。
・・・★★★★☆
『 マッド・ガンズ 』     <WOWOW> 
    2014年/南アフリカ/アイルランド/アメリカ/100分   【監督】ジェイク・パルトロウ
干ばつが続く近未来で水をめぐって起きる争い
いや~これ地味だけどなかなかの良作ではないですか。
そしてまさかのロボット萌え016.gif
彼(ロボット)がボコられるとこなんて涙なしでは見られません007.gif
・・・★★★★
『 バスターズ―悪い奴ほどよく眠る― 』     <WOWOW> 
    2013年/フランス/101分    【監督】クレール・ドニ
自殺に追い込まれた夫の死に悩む妹やその娘のため真実を探し求める男
監督は黒澤明の「悪い奴ほどよく眠る」にインスパイアされたそうだけれど
え~っと・・・一体どの辺が??
・・・★
『 アナーキー 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/99分    【監督】マイケル・アルメレイダ
シェイクスピアの戯曲「シンベリン」を現代の荒廃した街に舞台を移し映画化
台詞回しが、まんまシェイクスピアの現代劇って
日本人俳優が演じるシェイクスピア劇を観ている様な違和感。
何よりポステュマスが皆が言うような人格者には全く見えない。
・・・★★
『 スコーピオン  反逆のボクサー 』     <WOWOW> 
    2013年/スペイン/101分   【監督】サンティアゴ・A・ザノウ
ボクシングと出会い人生を変えようとするネオナチの青年
ストーリーとしてはよくある青春物だけど
スペインの社会問題も絡めた社会派的な要素もあって見応えあり。
さり気ないラストもイイ。
・・・★★★★
『 スパニッシュ・アパートメント 』     <WOWOW> 
    2002年/フランス/スペイン/123分   【監督】セドリック・クラピッシュ
国籍も性格もばらばらな男女6人と共同生活を送ることになったフランス人青年
これまで何となく見逃していたクラピッシュの「青春三部作」の1作目。
噂通り面白かった~001.gif
単なるバカだと思っていたウェンディの弟を最後で思いっきり見直した(笑)
・・・★★★★
『 ロシアン・ドールズ 』     <WOWOW> 
    2005年/フランス/イギリス/129分   【監督】セドリック・クラピッシュ
『スパニッシュ・アパートメント』から5年後を描くシリーズ第2弾
前作の最後ですっかりウェンディの弟がお気に入りになってしまった私。
今作でも惚れた相手に会う為、1年間ロシア語を勉強し
何の確証もないままロシアまで行ってしまうそのバカさ加減に惚れ直した(笑)
・・・★★★☆
『 ニューヨークの巴里夫(パリジャン) 』     <WOWOW> 
    2013年/フランス/アメリカ/ベルギー/118分  【監督】セドリック・クラピッシュ
『スパニッシュ・アパートメント』シリーズ第3弾
面白かったけれど、ウェンディのおバカな弟がこのシリーズで一番のお気に入りなので
彼が出てこなかったのだけが残念。幸せになってくれていればいいのだけれど
・・・って結局のところこのシリーズ、ウェンディの弟のことしか語ってない私(笑)
・・・★★★☆
『 レベル15 』     <WOWOW> 
    2014年/イギリス/83分    【監督】ポール・タンター
英国首相の娘を誘拐し、ビルの地下部分を占拠したテロリスト集団
いや~ここまで酷い"SAS"ものって初めて観たわ。
ストーリーが『ダイ・ハード』のパクリなのは別に構わないけれど
とにかくSASが弱すぎでキャラクター的にも全く魅力なしで
特殊部隊好きとしてはそこがどうしても許せん!022.gif
にもかかわらず続編『ナンバー10』があるって、どゆこと?!(さすがに観る気ないけど)
・・・★
『 コルト45  孤高の天才スナイパー 』     <WOWOW> 
    2014年/フランス/84分    【監督】ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
天才的な射撃の腕前を誇る青年が、予期せぬ陰謀に巻き込まれる
いかにもフランス的な雰囲気がなかなか良かった。
続編を匂わせる終わり方だったけれど、あるのかな?
・・・★★★
『 マルタのことづけ 』     <WOWOW> 
    2013年/メキシコ/91分   【監督】クラウディア・サント=リュス
都会で孤独に生きてきた女性と4人の子供もつシングルマザーの出会い
監督の実体験を基にしてある所為か、淡々とした描き方だけれど
主人公の孤独な心が徐々に解きほぐされて行く過程に説得力がある。
・・・★★★☆
『 さらば、愛の言葉よ 』     <WOWOW> 
    2014年/フランス/70分   【監督】ジャン=リュック・ゴダール
前代未聞の独創的な映像表現
ごめんなさい。2回トライして2回とも爆睡014.gifしてしまいました
2Dで観たのがいけなかったか・・・いや、結局は私の様な凡人には無理ってことさ008.gif
・・・★
『 ミリオンダラーアーム 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/125分   【監督】クレイグ・ギレスピー
インド人初のメジャーリーガーを発掘したエージェント
リンク役の子、見た顔だよなぁ...と思ったら『ライフ・オブ・パイ』の子だ。
・・・★★★
『 タイムシャッフル 』     <WOWOW> 
     2014年/アメリカ/104分    【監督】ブラッドリー・キング
24時間後を映し出すカメラを手にした男女3人
いかにも低予算のB級作品ではあるけれど、これが思わぬ拾い物。
タイムトラベルものと言うより、心理サスペンスものとして面白かった。
・・・★★★☆
『 ロスト5 』     <WOWOW> 
    2012年/アメリカ/92分    【監督】マーク・シェパード
J・ヴェルヌの「神秘の島」を下敷きにしたタイムトラベルアドベンチャー
主役の大尉さんが好みだったので最後まで観てしまったけれど
これはもやはJ・ヴェルヌへの冒涜と言っていいレベルなのでは?
『センター・オブ・ジ・アース2』の方が数段マシだと思うよ。
・・・★☆
『 グレート・エスケイプ 大脱走1944 』     <WOWOW> 
    2015年/アメリカ/107分   【監督】エリック・コーリー
ナチスの捕虜となったアメリカ兵と従軍看護婦
いかにもB級なタイトルに覚悟して挑んだけれど序盤がなかなかいい感じだったので
ん?これはひょっとして・・・と期待してしまったじゃないか~!021.gif
お目当てのブレット・カレンは冒頭で撃たれていいとこナシだし、結局は覚悟通り(?)の作品だった。
・・・★☆
『 リオ、アイラブユー 』     <WOWOW> 
    2014年/ブラジル/アメリカ/110分   【監督】ステファン・エリオット他
「パリ、ジュテーム」「ニューヨーク、アイラブユー」に続く
都市と人々を描くオムニバス映画第3弾。

もともとこの手のオムニバスものは好きで、特に「パリ、ジュテーム」は大好きなのだけれど、
今回はいまひとつピンとくるものが無かったかな。
・・・★★☆
『 ある優しき殺人者の記録 』     <WOWOW> 
    2014年/日本/韓国/86分    【監督】白石晃士
連続殺人犯の男が語る驚愕の犯行動機
86分ほぼワンカットのP.O.V(主観映像)は緊張感ばりばりで
だからこそあのオチにはお口あんぐり005.gif
確かに後で思えば伏線はあった(『素晴らしき哉、人生!』とか)
でもまさかこの展開でラストこうくるとは!!
今年観た作品の中で一番予想外のラストだったかも。
・・・★★★☆
『 ギリシャに消えた嘘 』     <WOWOW> 
    2014年/イギリス/フランス/アメリカ/97分   【監督】ホセイン・アミニ
詐欺師の夫婦と彼らに手を貸した青年の逃避行
男性2人の関係性が何とも妖しい雰囲気で
そんな風に見てしまう私が腐なのか?^^;と思ったけれど
鑑賞後に原作がパトリシア・ハイスミスと知り納得(笑)
・・・★★★
『 ドローン 無人爆撃機 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/80分   【監督】リック・ローゼンタール
中東テロ組織の大物抹殺を命じられたドローンパイロット2人
最近ちょっと気になっているマット・オリアリー主演。
どうせ低予算のチャチな戦争ものだろうな~と覚悟していたのだけれど
ほぼパイロット2人による密室での心理戦で
意外にも社会派の雰囲気を漂わせた作品で面白かった。
・・・★★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-12-30 16:24 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)
Commented by ituka at 2015-12-30 22:51 x
『フランシス・ハ』お茶の間鑑賞でしたか(笑)
ってことは日劇さんってレンタルソフトかメディア録画を上映?(爆)
メリルの娘って眼鏡のソフィーのこと?

『マッド・ガンズ』は健気なロボットに泣きそうになりました(笑)
Commented by hasikkoami at 2015-12-31 19:36
★ itukaさん★

>『フランシス・ハ』お茶の間鑑賞でしたか
そうなんですよ~wowowで観てなかったら日劇に行ったかも。
メリルの娘はフランシスのあまり親しくはない友達で
フランシスにケンカごっこ?をされてムッとしてた子です(笑)

『マッド・ガンズ』は中々の秀作でしたね。
特に無骨なロボット好きの私にはたまりませんでしたよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami