ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 カールの降誕祭(クリスマス) 」

d0098286_16544289.jpg
フェルディナント・フォン・シーラッハ【著】
酒寄 進一【訳】
東京創元社(2015/11発売)

本屋大賞翻訳小説部門第1位『犯罪』のシーラッハによる珠玉の3編と、
気鋭の版画家タダジュンによる謎めいたイラスト。
ふたりの天才が贈るブラックなクリスマス・プレゼント。


まさに背筋が凍る思い。。。
「コリーニ事件」のスピンオフとも言える「パン屋の主人」・・・
「コリーニ事件」で悩む主人公の背中を押したあの主人に
まさかこんな過去があったなんて・・・
そしてまさかこんなことになるなんて・・・

「私たちは生涯、薄氷の上で踊っているのです」

以前あとがきにあったシーラッハのこの言葉を
まざまざと見せ付けられたような気がした。
[PR]
by hasikkoami | 2015-12-26 21:32 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。