ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 杉原千畝  スギハラチウネ 』

d0098286_2159693.jpg
公式サイト
2015年 日本
上映時間 139分
監督 チェリン・グラック


ひとりの日本人が、

世界を変えた――。





杉原千畝については昔、加藤剛主演のドラマを観て、感(┳∧┳)動
数年前には、息子の英語の教科書に載っていたのを読み
昼夜問わず、食事をする間も惜しみ
カナウスを離れる列車が発車する間際までビザを書き続け
「どうか赦してください。もう書けません。」
と頭を下げる姿に再び、感(┳∧┳)動 
「なに教科書で泣いてんの...(- -;)」と息子に呆れられた

d0098286_2203237.jpg

今回の映画はそこのところは割とあっさりと描かれていたものの
千畝の行動がオランダ領事代理・ヤンや
在ウラジオストク総領事代理・根井三郎ら
戦時下においても人道的見地を貫いた人々と共に繋いだ
"命のリレー"であることにまたまた、感(┳∧┳)動

そして

d0098286_2235342.jpg

オープニングのペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)や
エンドクレジットにあった参考文献が
幸子夫人による「六千人の命のビザ」ではなく
「諜報の天才 杉原千畝」白石仁章(著)であったように
広く知られている
"日本のシンドラー"杉原千畝だけでなく
あまり知られていない
"諜報員"杉原千畝を知ることが出来て興味深かった

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-12-17 23:01 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2015-12-18 20:50 x
子供のノートを読んで号泣する母は居ても
教科書を読んで泣く親はなかなか居ませんよね(爆)
ワタシ、久しぶりにamiさんの冒頭記事で大爆笑してしまいました(爆)

これだけの事をしていながら名前すら知らないワタシは
もうちょっと歴史の勉強を(映画で)しなくちゃ!と思いました(笑)
Commented by mariyon at 2015-12-19 11:09 x
>"諜報員"杉原千畝を知ることが出来て興味深かった
そう、これはほんとうに興味深かったですよね。
なんか、感動のシーンの連続とかだとちょっと嫌だなぁ~~なんて
思っていたので、自然なながれがとても心地よかったです。
Commented by hasikkoami at 2015-12-19 21:35
★ itukaさん ★

私は子供のノートで泣くことはありませんが(冷めた母)
教科書では度々泣きます。
国語の「ごんぎつね」なんても~号泣TT
さすがに英語では初めてでしたけど(笑)

itukaさんに名前の読み方を憶えてもらえて
杉原千畝も喜んでいることでしょう(笑)
Commented by hasikkoami at 2015-12-19 21:45
★ mariyonさん ★

オープニングのペルソナ・ノン・グラータで
あれ?と思いましたが、まさかこちらの方がメインだったとは!
千畝一人をヒーローとして描いていないところもよかったですし
いい意味で裏切られました。

それから幸子夫人ですが・・・
この映画だと随分ふわふわしたお嬢さんに描かれてましたが、
千畝は再婚ですし、2人が結婚した時は
経済的にも決して恵まれてはいなかった様なので
実際の幸子夫人はきっとしっかりした人だったのではないでしょうか(笑
名前
URL
削除用パスワード