ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 赤ヘル1975 」

d0098286_15493242.jpg
重松 清 【著】
講談社(2013/11発売)
1975年、広島カープ初優勝の年。三年連続最下位だったカープは、開幕十試合を終えて四勝六敗。まだ誰も奇跡のはじまりに気づいていない頃、やんちゃな野球少年のヤスと新聞記者志望のユキオは、東京から引っ越してきた“転校のベテラン”マナブと出会った。マナブは周囲となじもうとするが、広島は、これまでのどの街とも違っていた—。

広島カープが悲願の初優勝を果たした1975年。
私は9歳だったが、三塁コーチスボックスで指揮を執る古葉監督が好きで
(愛知県民でありながら密かに)広島を応援していたので、とても嬉しかったのを憶えている。
しかし、当時の広島の人々にとって、この優勝にどれほどの意味があったのか、
9歳の私に解るはずもなく、今回初めてその意義を知ったような気がする。
[PR]
by hasikkoami | 2015-11-28 21:14 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami