ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 リトルプリンス 星の王子さまと私 』

d0098286_1321757.jpg
公式サイト
2015年 フランス
上映時間 107分
監督 マーク・オズボーン



あの王子さまに会いたい。





サン=テグジュペリの「星の王子さま」は
私が生涯のBEST本を選ぶとしたら間違いなくBEST3に入る大好きな作品

d0098286_2157111.jpg

だから

サン=テグジュペリの絵が大きなスクリーンに広がる
オープニングで早くも ☆。*゚+.*.。(感´∀`動)゚+..。*゚+☆

d0098286_21392824.jpg

「星の王子さま」部分を描くストップモーション・アニメは
サン=テグジュペリの素朴であたたかな絵のイメージそのままながら
うっとりするほどに美しく
このまま原作のフルアニメを観たい!!と思わずにはいられなかったけれど

d0098286_18512483.jpg

やわらかな質感で色鮮やかなパートと
無機質でダークな色調のパートを使い分けたCGアニメも見応え十分

女の子が出会うその後の「王子さま」の姿は
かなりちょっとショックだったけれど(笑)
これは「ぼく」が語る「王子さま」の物語ではなく
「私」である女の子の物語なのだから...と納得

d0098286_21482248.jpg

”砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ”

王子さまの言葉がいつまでも胸に残る
優しくて、美しい作品だった

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-11-24 21:54 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2015-11-25 19:40 x
殺戮映画が大好物だとばかり思っていたので
まさか本作をご覧になっているとは意外や意外!(笑)
「星の王子さま」っていったいどんなストーリーなのか気になります。
日本のお姫様シリーズはどうなんでしょう?(爆)

「おと姫い」「かぐや姫い」など
い←が余分ですがTOHOシネマズで上映前の『キャラクターバトルクラブ』のなかの
面白キャラでした(笑)
Commented by hasikkoami at 2015-11-25 21:47
★ itukaさん ★

もちろん殺戮映画は大好物ですが、
実はそれより好きなのが「星の王子さま」で
「星の王子さま」は枯れ切った私の心の砂漠のオアシスなのです(笑)

ところで・・・
日本のお姫様シリーズ?
「おと姫い」「かぐや姫い」??
『キャラクターバトルクラブ』???
と何のことやらさっぱりで、検索しましたよ(笑)
ほほ~TOHOシネマズでは上映前にこんな楽しいことがあるのですね!
こちらはポンタんだけですもん(笑)
Commented by とらねこ at 2015-12-06 20:46 x
こんばんは〜
amiさんも、生涯のベスト本三位以内に入るのがこちらなんですね!
私も学生時代から、ベスト3はずっと変わらず君臨してるのです…
一生変わらないだろうなあ、と思ってます^^
私はこちらはその一位でした。一緒で嬉しいな♪

私も変わり果てた王子様の姿は、ショックでしたが受け入れられました。
少し違う理由ですが…。自分自身、大人になって忘れてしまった部分があって。
王子の姿は、変わってしまった自分自身の鏡を見るように思いました。
Commented by hasikkoami at 2015-12-07 21:48
★ とらねこさん ★

私はベスト3とか言いつつも、
もし後の2つを聞かれても答えられないので実質1位なんですけどね(笑)

>変わり果てた王子様の姿
私はそこもショックでしたが、
むしろバラがあんなことになってしまったことの方がショックで・・・
ヒツジがバラを食べてないかしら?と心配しながら
空を見上げてる私たちの気持ちは一体...と思いましたよ;;

>王子の姿は、変わってしまった自分自身の鏡を見るように思いました。
なるほど~。
私は女の子のお母さんや周りの大人たちの姿に自分を見てました(苦笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami