ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間映画鑑賞   <10月>


10月のお茶の間鑑賞は16本。
そして一番のお気に入りは、「ジャパンプレミア」(WOWOWの日本未公開作品枠)の1本。



『 監視者たち 』     <WOWOW> 
    2013年/韓国/119分    【監督】チョ・ウィソク /キム・ビョンソ
警察の監視専門チームと武装強盗グループの対決
香港映画『天使の眼、野獣の街』のリメイク。
アクション度&エンタメ度は格段にUPし、見応えは十分ながら
私は地味だけれど緻密なつくりの香港版の方が好きだな。
・・・★★★
『 サンシャイン/歌声が響く街 』 <WOWOW>
    2013年/イギリス/100分   【監督】デクスター・フレッチャー
人生の岐路に立つ銀婚式を迎えた夫婦とその息子と娘
スコットランドの国民的バンド、プロクレイマーズの楽曲をフィーチャーした
人気ミュージカルの映画化らしいのだが、プロクレイマーズを全く知らない私にとっては
知らない曲ばかりで且つ曲もあまり好みではなく残念。
「I'm Gonna Be(500 Miles)」(唯一知ってる曲)のシーンは良かったけど。
・・・★★☆
『 ゲットバッカーズ 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/93分   【監督】ジョン・ハーツフェルド
正体不明の著者が書いた評判の自己啓発本をめぐる人間模様
まるで自己啓発セミナーのプロパガンダ映画を観ているようで
(ってその類を実際に観たことはないのだけれど^^;)びっくりするほどつまらなかったemoticon-0120-doh.gif
キャストが豪華なだけに本当に勿体無い。
・・・★
『 インターンシップ 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/120分   【監督】ショーン・レヴィ
グーグル社のインターンになったアナログ体質の中年セールスマン
ベッタベタな展開ながら面白かった~emoticon-0140-rofl.gif
何だかんだ言ってショーン・レヴィは外さないよね~emoticon-0144-nod.gif
・・・★★★☆
『 特捜部Q 檻の中の女 』     <WOWOW> 
    2013年/デンマーク/97分   【監督】ミケル・ノルガード
未解決事件の残務整理をする閑職の「特捜部Q」に転属された男
ミステリとしてもバディものとしてもとても面白かった。
ファレス・ファレス演じる部下がイイ味出してるemoticon-0148-yes.gif
原作はシリーズものらしいので映画も続編希望。でもとりあえずは原作読まなくちゃ!
・・・★★★☆
『 アドミッション-親たちの入学試験- 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/107分   【監督】ポール・ウェイツ
名門大学の入試担当官の女性と若い頃養子に出した息子かもしれない受験生
ポーシャの気持ちは分からないでもないけれど、でもこれって完全な不正行為だよね。
それに17年間放っておいて今更母親面するのもねぇ...emoticon-0143-smirk.gif
・・・★★
『 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 』     <WOWOW> 
    2014年/フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア/スイス/103分
    【監督】オリヴィエ・ダアン
ハリウッド女優からモナコ公国の公妃となったグレース・ケリー
個人的にニコールとグレース・ケリーは全く似てないと思うのだけれど
サスペンスタッチの展開で作品としては面白く観られた。
・・・★★★
『 グレース・ケリー 公妃の生涯 』     <WOWOW> 
    1987年/アメリカ/59分    【監督】ジーン・フェルドマン
グレース・ケリーの生涯をたどるドキュメンタリー
クールなイメージのあったグレース・ケリーだけれど、
実際はとても情熱的で行動力に溢れた人だったのね。
もっとも、そうじゃなきゃ王室には嫁がないわなぁ。
・・・★★★
『 アイアンクラッド 』     <WOWOW> 
    2011年/イギリス/アメリカ/ドイツ/121分   【監督】ジョナサン・イングリッシュ
中世の暴君、ジョン王の大軍を相手に決死の戦いを挑んだ騎士たち
謳い文句は"イギリス版「13人の刺客」"なるほど~まさにそんな感じ!
血みどろのアクションは重厚感があって見応え十分。
チャラ男に見えてやるときゃやる!無双ジェイソン・フレミングが素敵~emoticon-0115-inlove.gif
中途半端な恋愛要素がなければもっと良かった。
・・・★★★
『アイアンクラッド ブラッド・ウォー 』     <WOWOW> 
    2013年/イギリス/108分   【監督】ジョナサン・イングリッシュ
「ロチェスター城の戦い」の5年後を描く『アイアンクラッド』の続編
続編ってことになってるけど、ガイを演じる俳優さんも別人だし、
前作とは比べようもないつまらなさ。血みどろで重厚なアクションだけが見所。
・・・★
『 22ジャンプストリート 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/112分   【監督】フィル・ロード /クリストファー・ミラー
ドラッグのルートを探る為大学へ潜入操作する刑事コンビ
前作ほどではないけれど、今回も笑った~emoticon-0140-rofl.gif
本当にくだらなくてバカバカしいところがイイ。
・・・★★★
『 ラスト・シャンハイ 』     <WOWOW> 
    2012年/香港/中国/119分   【監督】バリー・ウォン
一介の青年から上海マフィアの大物に上り詰めた男の波瀾万丈の人
チョウ・ユンファの出世作であるドラマ「上海灘」のリメイク。
白チャイナ服&白スーツで優しく微笑むユンファに、うっとりemoticon-0152-heart.gif
作品の良し悪しは別にして、2000年以後のユンファの出演作の中では抜群に素敵で、
もうそれだけで満足emoticon-0115-inlove.gif
・・・★★★☆
『 ローマの教室で 我らの佳き日々 』     <WOWOW> 
    2012年/イタリア/102分    【監督】ジュゼッペ・ピッチョーニ
ローマの公立高校の3人の教師と様々な事情を抱えた生徒たち
教師と生徒の日常を仰々しくなく、淡々と描いていて、
ラストも決してハッピーエンドとは言えないけれど、とても爽やかな後味で大好きな作品。
・・・★★★★☆
『 リスボンに誘われて 』     <WOWOW> 
    2013年/ドイツ/スイス/ポルトガル/112分   【監督】ビレ・アウグスト
1冊の本に導かれ、リスボンへと旅立った高校教師
出演者がヨーロッパの名優揃いで、それだけでも見応えあり。
今後大作に引っ張りだこの予感のジャック・ヒューストンも印象的。
・・・★★★
『 リトル・アクシデント―闇に埋もれた真実― 』     <WOWOW> 
    2014年/アメリカ/105分   【監督】サラ・コランジェロ
労働者10人が命を落とす炭鉱事故による悲劇の連鎖
暗くて、地味で、痛々しくて、哀しい作品だけれど、
8月に観た『グランド・ジョー』と同じく、こう言う作品が私は大好きなのよね。
・・・★★★★☆
『 ウィークエンドはパリで 』     <WOWOW> 
    2013年/イギリス/94分    【監督】ロジャー・ミッチェル
結婚30周年を祝って新婚旅行先のパリを再訪したイギリスの熟年夫婦
何かもう色々と身につまされすぎて、キツかった~^^;
・・・★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-11-01 20:03 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)
Commented by とらねこ at 2015-11-02 12:37 x
amiさん、WOWOWジャパン・プレミアのファンだったのですね!ここでの作品、結構いいのがありますよね。
基本ヨーロッパ製作のものは録画しますが、その他はついついスルーしてしまう
私ももっと注目して見ようかなあ。

『サンシャイン』と『グレース・オブ・モナコ』、『グレース・ケリー』、『22ジャンプストリート』、『ウィークエンドはパリで』は東京では公開されてましたよ〜。
サンシャインとグレース〜は劇場で見たので私も書きました♪

『リスボンに誘われて』は私もWOWOWで見ました^^
Commented by hasikkoami at 2015-11-02 20:29
★ とらねこさん ★

すみません、書き方が紛らわしかったですね(冒頭書き直しました^^;)
この中でジャパンプレミアものは
『リトル・アクシデント―闇に埋もれた真実―』だけなのですが
その1本が凄く私好みの作品だったので、
ジャパンプレミア押しになってしまいました(笑)

でもWOWOWジャパン・プレミアはほぼ月イチ位で
おお~!と言う作品に出会えるので楽しみにしています^^
インディーズ系やミニシアター系の作品は
ほとんどWOWOW頼みするしかないのがツライところです;;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami