ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「第2図書係補佐」

d0098286_13284594.jpg
又吉 直樹【著】
幻冬舎(2011/11発売)

お笑い界きっての本読み、ピース又吉が尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、胸を揺さぶられるパーソナル・エッセイ集。
巻末には芥川賞作家・中村文則氏との対談も収載。


まえがきには

解説や批評ではなく、自分の生活の傍らに
常に本と言う存在があることを書こうと思う


とある。

そしてその通り、紹介する本の内容にはほとんど触れず
あくまでの自分についてのエッセイでありながら
最終的にその本を"読んでみたい"と思わせるのだから
やはり彼の文章には、人を惹き付ける魅力があるのでしょうね。

それにしても、紹介されている47冊の内、私の既読はたったの7冊。
いかに自分が文学系の作品に疎いか、あらためて思い知らされた^^;
[PR]
by hasikkoami | 2015-10-13 18:58 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami